創業者の故・相澤秀禎さんと二人三脚でサンミュージックプロダクションを設立した元専務、福田時雄名誉顧問 (C)oricon ME inc.

写真拡大

 老舗芸能プロダクション「サンミュージックプロダクション」が11月27日、創業50周年を迎える。タレント第1号の森田健作氏をはじめ、都はるみ、松田聖子、岡田有希子、酒井法子、ベッキー…その系譜を辿れば“芸能界の歴史”そのものとも言える。そこで今回、創業者の故・相澤秀禎さんと二人三脚でサンミュージックプロダクションを設立した元専務、福田時雄名誉顧問に、栄光と波乱の50年について聞いた。

【写真】似てる?妹・ジェシカとランウェイを歩くベッキー

■松田聖子は押しかけ上京で“ポスト百恵”に「聖子は自分で運を掴んだ」

――サンミュージックの第1号タレントは森田健作さんだとお聞きしました。

【福田時雄】初めて自分で探してきたタレントが森田健作でした。本人は芸能界に興味がなかったけれど、なんとか説得し、当時人気絶頂だった黛ジュンさんの映画『夕月』の相手役募集に応募させたところ、見事合格。それが1968年の11月25日で、撮影がスタートしたのが2日後の11月27日。その日がサンミュージックの創立記念日なんです。

――その後、森田さんは主演映画、歌手デビューと順調なスタートを切ったわけですね。

【福田時雄】そして、相澤(秀禎)が二人目として連れてきたのが野村将希(デビュー時・野村真樹)。その年の新人賞を取り紅白歌合戦に出場しました。そのころ事務所も手狭になり新宿三光町から四谷3丁目に引っ越したのですが、昼間でも電気をつけないと暗いような部屋で。しばらくして森田が撮影用のライトが頭に当たって入院、野村も雑誌の取材中に落馬して入院と最悪の出来事が続きました。

――好転するきっかけというのは?

【福田時雄】新築の日当たりの良い四谷4丁目のビルに引っ越して、不思議と良くなったんです(笑)。そんなときに現れたのが桜田淳子でした。『スター誕生(スタ誕)』(日本テレビ系)の秋田大会をみて、ぜひこの子だと思い手をあげました。

――『スタ誕』からはたくさんのスターが生まれました。

【福田時雄】森昌子、山口百恵、ピンクレディー、小泉今日子、中森明菜など。うちも桜田淳子をはじめ渋谷哲平、岡田有希子など『スタ誕』から9人入りました。この番組は日テレがバックアップしてくれて歌番組やドラマに出られるというメリットもあったんです。

――80年代のスターと言えば松田聖子さんは外せません。聖子さんとはどんな出会いだったのでしょうか。

【福田時雄】CBSソニーの若松宗雄ディレクターが連れてきたのですが、当初は断るつもりでした。ただ彼女の声を聴いたらとても良い声だったので、来年高校を“卒業”したら東京に出てくるように言ったんです。ただご両親が芸能界入りに反対していたので、僕が福岡まで説得にいきました。そしたら聖子はなんと高3の夏休みに東京に出てきました。仕方がないので相澤の自宅に下宿させレッスンを開始しましたが、秋には『おだいじに』(日本テレビ系)というドラマに出演しまして、その役名が「松田聖子」なんです。翌年の春、資生堂のCMソング「裸足の季節」で歌手デビューしましたが、そのタイミングで山口百恵さんが引退を発表し、いきなり聖子が“ポスト百恵”と言われて注目されました。

――タイミングも味方したわけですね。

【福田時雄】高校を卒業してから東京に出てきていたら、そんなことはなかったわけで、聖子は自分で運を掴んだんです。さらに聖子が成功したのは、歌声が良いこと、そして負けず嫌いってことですね。ご両親を説得にいったときも、聖子がお盆にお茶を乗せて運んできて、そのお盆を胸に抱いたまま廊下に正座して、父親が「うん」と言うまで動かないという強い意志を感じました。

――聖子さんがデビューしたころは、歌番組もたくさんあって、歌謡曲がすごく盛り上がっていました。

【福田時雄】都はるみは「大阪しぐれ」が大ヒットしてその年のレコード大賞最優秀歌唱賞を受賞したり、牧村三枝子も「みちづれ」が大ヒット、聖子もヒット曲連発。とにかくいい時期でしたね。


■デビューに反対だった岡田有希子の父親「立派に成長させる」と約束した

――聖子さんの後もアイドルがたくさんでました。
【福田時雄】次は早見優ですね。ハワイの明るい太陽の下で育ったなんとも言えない明るさがありました。彼女がデビューした1982年は、花の82年組と言われて、シブがき隊、中森明菜、小泉今日子、松本伊代、堀ちえみ、石川秀美、三田寛子…たくさんいて大変でした。

――当時は賞レースが盛んでした。

【福田時雄】レコード大賞、歌謡大賞を始め地方も含めた各放送局でも賞番組があり、優も常に入賞していたんですけど、横浜音楽祭では落選。それで落胆していると思って焼き肉に連れていったら、優がトイレに行って出てこない。しばらくして目を真っ赤にして出てきて「スピーチさせてください」っていうんですよ。さすがハワイから来ただけあるなと思って聞いたら、「トイレで悔しくて泣いていて、ふと鏡を見たら、自分の顔が醜くて、自分が思いあがってことに気づきました。明日からまた頑張ります!」と言ったんです。17歳でその発言はすごいなと思って、それからはみんなで本当に全国を駆けずり回って頑張りました。

――次が岡田有希子さんですね。

【福田時雄】有希子も『スタ誕』出身です。ここも父親が大反対でいくつか彼女に条件をつけたんです。それを彼女は頑張って全てクリアしたんです。そこで私は「彼女を3年だけ私に預けてください。必ずスターにするとはお約束できませんが、不幸にして売れなくてお返しする時には立派に成長させてお返しします」と、父親にお話をしてお許しを頂きました。

――岡田さんとのエピソードを教えてください。

【福田時雄】北海道にキャンペーンで行ったとき、彼女が雪で転んだんです。でもなかなか起き上がらない。みんながのぞき込むと寝転がったまま「星がきれい」って言ったんです。負けず嫌いですよね(笑)。

――聖子さんも岡田さんも、スターになる人は負けず嫌いなんですね。その後には酒井法子さんが頭角を現しました。

【福田時雄】酒井法子のデビューは1986年。デビュー早々「のりピー語」が大流行し、シングル「夢冒険」が選抜高校野球大会の行進曲になったりしました。一方で、平成になり音楽番組や賞レースが減りはじめ、タレントをどう売り出すか色々考える時になりました。そうしている内にドラマの時代になったんです。清水美砂は朝ドラの『青春家族』(NHK総合)のヒロイン、安達祐実は『家なき子』(日本テレビ系)が大ヒット、そして酒井も『星の金貨』(同)の大ヒットで女優としても認めていただけるようになりました。


■“お笑い”を見出した慧眼「スターはここぞのタイミングを逃さない」

――サンミュージックでは、苦しい時代に、必ず“次の担い手”が現れているように思います。そして次はバラエティ、お笑いの時代ですね。

【福田時雄】最初はゲッツのダンディ坂野だけだったけどね。

――今もダンディさんはCMなどにもたくさん出演されていますね。

【福田時雄】あれで10年以上続けているから凄いね(笑)。今の社長の相澤正久は、アメリカに留学していて、1970年代にはすでにコメディアンが芸能界の中心にいるのを見ていた。だから、日本でもお笑いタレントを育てようということになったんです。その後カンニング竹山、小島よしお、スギちゃん他多くの人気者が出ました。そして、私は新人開発部門で色々なタレントを発掘しようと。そこからベッキー、塚本高史、小野真弓などが出てきました。

――ベッキーさんといえばバラエティというイメージです。

【福田時雄】ベッキーはバラエティが好きでね。頭の回転が速いし本当に勉強しています。

――お話を聞いていると、スターになるタレントさんは、才能だけでなく頭が良くて、負けず嫌いというのが共通している気がします。

【福田時雄】今はコメント力など頭の回転が重要ですね。カズレーザーも物知りで大したもんです。竹山はああ見えて努力家で、新聞を読んだり勉強してますよ。あと大事なのは、男でも女でも華があることですね。桜田淳子の秋田予選の映像はすごいですよ。彼女にだけ光が当たっているように見えます。森田健作も彼がいるだけで回りが明るくなります。スターは作ろうと思っても作れません。我々は機会を与えることはできるけど、後は本人次第。すごい素材でも、タイミングが悪いとうまくいかないこともある。淳子や聖子のように「ここぞ」ってところをきっちり掴んだ人は、一気に駆け上りますね。

■芸能界に導くということは、相手の“人生を変えること”

――サンミュージックは50周年を迎えました。今の事務所のスタッフさんやタレントさんたちにどんなことを伝えたいですか。

【福田時雄】相澤(秀禎)が築いたスタッフとタレントの関係性です。

――創業者の相澤秀禎さんは業界内でも人格者として有名でした。

【福田時雄】相澤を悪くいう人はいなかったです。サンミュージックの3人目のタレントは、相澤が佐渡から連れきた中森重樹です。でも、彼はなかなか売れなくて、今は芸能界を引退して自動車のエンジニアをしています。彼が相澤が亡くなる直前病院に見舞いにきたんです。2人きりで喋っていたから重樹に「何を喋ってたんだ?」て聞いたら、相澤は彼に「俺に合って幸せだったか?」と尋ねたそうです。40年前に佐渡から無理やり連れてきたことを、相澤は死ぬ直前になっても気にしていたと。それに対して重樹は「幸せだからここに来たんだ」って言ったそうです。

――才能を見出して芸能界に導くということは、相手の“人生を変える”ことだという認識が頭にあるんですね。

【福田時雄】そうですね。無理やり誰かの運命を変えることだから、僕も有希子のことはずっとひっかかってるし、あのときは本当に辞めようと思いました。でも、有希子のお父さんがお葬式のときに「有希子早く亡くなったけれど、人生の縮図のように生きたから幸せでした」って一言言ってくれて、それでただただ救われました。今思えば、楽しくて同時につらい仕事だったけどね、芸能界の歴史を作っていくような仕事をやってきたから、それはよかったと思います。

取材・文/西森路代