不動産価格の暴落問題で世田谷にリスク 緑が多いことがマイナス要素か

ざっくり言うと

  • 生産緑地法による指定が解除される2022年が迫ってきた
  • 固定資産税の支払い義務が生じるため、世田谷では農地売却が相次いでいる
  • 高級住宅地でも生産緑地問題と相まって不動産価格の下落は避けられないそう

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング