夏になると『日本一暑い街』として話題にあがる、群馬県の館林市や埼玉県の熊谷市。2007年には、熊谷市で気温が40.9℃を記録したこともあります。

しかし、世界にはもっとすごい場所がありました!

想像を絶する暑さ

アメリカのアリゾナ州は、夏場の気温が45℃以上にもなる灼熱地帯。1990年には、アリゾナ州の都市フェニックスで50℃を記録したこともあるほどです。

35℃を超えれば『猛暑日』といわれる日本では、想像できないほどの暑さですね。

どれほどの暑さなのかというと、「郵便受けが溶けてしまうほど」だというのですから驚きです!

「冗談でしょ」と思った、そこのあなた。こちらが証拠です。

This plastic mailbox melted due to the heat in Mesa, Arizona from mildlyinteresting

アリゾナ州で暮らすユーザーが公開したこの写真は、プラスチックでできた郵便受けを撮影したもの。

衝撃を与えたわけでもなく、暑さだけでグニャリと曲がってしまっているのです。

プラスチックは熱に弱いといわれているものの、さすがに50℃近くになるとは想像していなかったのでしょう。

いかにアリゾナ州の猛暑が異常かが伝わってきます。

気象庁の発表によると、年平均気温が毎年上昇傾向にある日本。アリゾナの猛暑は他人事ではないのかもしれません…!

[文・構成/grape編集部]