21日、島根県が折り紙を活用して子供たちに竹島が日本領であることを教えていることについて、韓国メディアが「日本の竹島領有権教育がますます巧妙になっている」とし、懸念を示している。写真は島根県。

写真拡大

2017年2月21日、島根県が折り紙を活用して子供たちに竹島が日本領であることを教えていることについて、韓国メディアが「日本の竹島領有権教育がますます巧妙になっている」とし、懸念を示している。

韓国・聯合ニュースによると、2月22日の「竹島の日」を前に島根県を訪れた韓国広報専門家の徐敬徳(ソ・ギョンドク)誠信女子大学教授は21日、「島根県庁2階にある竹島資料室では、子供たちに島根県の観光キャラクター『しまねっこ』が作れる折り紙を無料で配布している」とし、「折り紙は完成すると、キャラクターが竹島の上に乗っている状態になる」と説明した。資料室の入り口には子供たちの興味を引くため、折り紙でできた大きなキャラクターが展示されているという。

また、聯合ニュースは「さらに深刻な問題は日本の政府機関である内閣官房が同折り紙を積極的に支援していること」と伝えている。完成したキャラクターを乗せる竹島と書かれた台には「内閣官房」との文字がはっきりと書かれているという。これについて、聯合ニュースは「中央政府が島根県の背後で子供たちを相手に独島(竹島の韓国名)の歴史を歪曲(わいきょく)する教育をあおっているということ」と主張した。

徐教授は「島根県にいつからどんな意図でしまねっこの折り紙を配布しているのかについて何度も問い合わせているが、回答はない」と明らかにし、「文化コンテンツを活用した日本の独島領有権主張はますます深刻になっている」と指摘した。その上で、「韓国政府も日本の独島侵奪の試みに対し、文化コンテンツを活用した自然で積極的な対応をする必要がある。韓国国民の独島に対する持続的な関心が、いつにも増して強く求められている」と主張した。

この報道に、韓国のネットユーザーからは「すぐに裏切る日本政府はやっぱり信じられない」「日本政府は日本人への敵対心を自ら作り出している」「朴大統領はなぜ歴史を反省していない日本と合意を結んだ?」「朴大統領の過ちによって5000万人の国民の腹の中が煮えくり返っている」など、日本政府や日韓慰安婦合意を締結した朴大統領を批判するコメントが多く寄せられた。その他、「なぜ韓国は対馬が韓国領であることを主張できない?」「THAAD(在韓米軍の高高度防衛ミサイル)を独島に配備すれば100%解決する」「韓国の政治家は一度日本に留学し、日本の粘り強さを学んでこい」「この問題を軽く見てはいけない。日本が今作っている資料や広報物が、数十年後には独島が日本領であることを示す証拠になっているかもしれない」などと指摘する声もみられた。(翻訳・編集/堂本)