世界初の「自律走行車のカーレース」、そのクールなテスト車

写真拡大

10月に香港で開幕される「フォーミュラE」では、自律走行車による「ロボレース」が初めて併催される。ロボレースに参加するチームが使う、開発用のプロトタイプ車「DevBot」を紹介する。

SLIDE SHOW 「世界初の「自律走行車のカーレース」、そのクールなテスト車」の写真・リンク付きの記事はこちら
Robocar of Roborace

2/510月の本レースに登場するRobocar。人間の操縦席は存在しない。
PHOTOGRAPH COURTESY OF ROBORACE

03-sam_christmas_4_1024-980x551

3/5DevBotには、人間のテストドライヴァーが搭乗するコックピットがある。DevBotは、数カ月前から非公開でテストが行われてきた。
PHOTOGRAPH COURTESY OF ROBORACE

04-sam_christmas_3_1024-980x551

4/5DevBotにはカウリングがなくエアロダイナミックではないが、目的はラップタイムを縮めることではなく、制御ソフトウェアをテストすることにある。
PHOTOGRAPH COURTESY OF ROBORACE

05-sam_christmas_2_2000-980x551

5/58月24日、英国「ドニントン・パーク」で公開された。
PHOTOGRAPH COURTESY OF ROBORACE

Prev Next

香港で10月9日(現地時間)に開幕される「フォーミュラE」第3シーズン。見どころのひとつは、新しい競技ある「ロボレース」(日本語版記事)だ。

ロボレースは、20台の無人自動運転車が競うレースだ。参戦チームはすべて、同一の「Robocar(ロボカー)」を使用(日本語版記事)。各チームは独自の操縦アルゴリズムを開発し、その出来を競うことになる。

ロボレースを走るRobocarは、フォーミュラEのポリシーに沿った完全電気自動車で、映画『スピード・レーサー』を彷彿とさせるところが少なからずある(ギャラリー#2)。

一方、主催者が最近発表した「DevBot」は、スポーツカーレースのファンにはもっと馴染みがある外観、つまり、「ル・マン」スタイルのプロトタイプ車だ。ただし、テスト時の写真では、前部と後部のカウリング(空気抵抗を減らすためのカヴァー)がない。だがこのクルマの目的はラップタイムを縮めることではなく、制御ソフトウェアをテストすることにある。

DevBotは、各チームが操縦用ソフトウェアの開発に使用するプロトタイプなのだ。こちらも完全電気自動車で、Robocarと同じパワートレインやセンサー、プロセッサー、通信システムが搭載されている。Robocarとの大きな違いは、ドライヴァーが乗り込める運転席がある点だ。

DevBotは、DevBotDrayson Racing Technologies社が手作業で製造したものだという。同社は数年前に、ル・マン・プロトタイプ(LMP)レーシングカー「Lola B10」をガソリン車から電気自動車に改造。フォーミュラEで使用される技術の開発に携わってきた。

DevBotは数カ月前から非公開でテストが行われてきたが、8月24日、イングランド中部レスターシャーの「ドニントン・パーク」で行われるフォーミュラEのプレシーズンテストで正式に公開された。

RELATED