3日、韓国・ファイナンシャルニュースによると、精神的ストレスを訴える就活生が増えるなど、企業の圧迫面接が韓国社会で物議を醸している。資料写真。

写真拡大

2016年7月3日、韓国・ファイナンシャルニュースによると、精神的ストレスを訴える就活生が増えるなど、企業の圧迫面接が韓国社会で物議を醸している。

日本でも近年話題になって圧迫面接は、韓国でも行われているようだ。3日、求職業界や就活生などによると、面接時に志願者が最も多く感じたストレスとして、面接官の「タメ口」などの暴言と高圧的な態度が挙げられた。

会社員の金さん(30)は昨年、ある中堅企業での面接で面接官から「歌が趣味なんだって?ちょっと歌ってみてよ」と終始タメ口で話しかけられ、やむを得ず歌ったところ「もっと歌がうまい志願者はいないのか。うまければ俺が受からせてやる」というでたらめな話まで飛び出したそうだ。女性の就活生の場合、性差別的な質問も多く、5月にある大企業の面接を受けた韓さん(28)は、10分間にわたって「彼氏はいるか」「いつ結婚するのか」「子どもはいつ産むのか」といった質問ばかりされたという。

亜州大学医学部の関係者は、「就職面接で暴言や性差別を受けたことにより心的外傷後ストレス障害(トラウマ)を訴える患者がいる」とし、「極度の緊張状態にある就活生が侮蔑的な面接の雰囲気にさらされ続けると、精神的な症状が長引くこともある」と警鐘を鳴らした。

このような圧迫面接に備えようと、最近では就活生同士で模擬面接をするなどの勉強会が増えている。大韓商工会議所の関係者は、「圧迫面接は非常に個人的で職務との関連性が低いことから、最近では消えつつあるが、一部企業では依然として慣習のように行われている」と指摘し、「状況と脈絡を考えない面接官の言動は人権侵害になりかねないだけに、企業ごとに体系的な面接マニュアルを定めなければならない」とアドバイスしている。

これを受け、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。

「面接官のレベルが最低な会社に未来はない」
「まずは自分の会社に泥を塗るような面接官の態度から直すべき」

「面接で落ちたら他人同士なのに、なぜタメ口なのか理解不能」
「優れた求職者があんなごみのような下でヘラヘラしなきゃならないなんて…本当に情けない世の中」

「ある企業の面接で身長や体重まで聞かれて『デブ』と言われ、しかも質問に答えられないでいたら『その年まで何をしてきたんだ』とまで言われた」
「ソウル市長さん、まずはソウル市の公務員面接からなんとかしてください。ソウル市の面接官は企業よりもひどくてプライドが傷つくものだったらしい」

「面接時にはボイスレコーダーをオンにして持って行こう。そうすればこの実態を広く知らしめることができる」(翻訳・編集/松村)