中国人による不動産購入で、日本の小都市がひそかなブームとなっている。写真は和歌山。

写真拡大

もともとは日本の富裕層や老後生活をする人々を対象に開発された海辺の温泉付き住宅が、販売開始と共に十数人の中国人に買い取られた。この温泉付き住宅のある和歌山県白浜町でこれらの不動産販売を担当する不動産業者はこれを受けて営業方針を変え、中国人を上客に据えている。6月中旬、白浜町に開発中の別荘エリアでは中国人の購入者の名前が書かれたプレートが数多く見られた。中国新聞網が伝えた。

この不動産業者によれば、この会社では和歌山県白浜町で合計38万平方メートルの土地の開発を計画しており、別荘、マンション、ホテルを建設する予定。昨年11月、この会社が建設計画を発表してから現在までにすでに十数人の中国人が不動産や土地を購入している。中には1億数千万円で購入した土地に、さらに数億円かけて不動産を建築する計画をしている中国人もいるという。

今まで中国人の不動産投資は主に東京や大阪などの大都市や、箱根などの有名なリゾート地に限られていた。しかし現在はそんな状況に変化が生じ、日本でやや規模の小さい温泉地で、外国人があまり知らないようなリゾート地に中国投資家たちの興味が移っている。千葉県の山武市や沖縄県の国頭郡今帰仁村、静岡県熱海市などがそれにあたる。この会社では開発するエリアについて中国人からの問い合わせや不動産購入が少なくないとしている。

ではなぜこのような現象が生じているのだろうか。この不動産業者は中国の投資家たちの日本に対する理解が深まるにつれて、その他の地方に投資のチャンスがあることを知り始めたのではないかと分析している。さらに東京や大阪といった大都市では投資の競争が熾烈であるため、以前ほど魅力的ではなくなっているという。また、日本政府も全国各地の街づくりを推進していこうと、全国で「外国人が快適かつ安心して滞在できる都市」の建設を計画している。そのため、日本の中小都市の投資環境もさらに整ってきており、現在5000万から1億円の小規模投資家や中小企業の投資のターゲットが日本の中小都市に移りつつある。

白浜町は人口2万3000人余りの小都市だが、天然の温泉、海岸、洞窟など豊かな自然と新鮮で豊富な海産物で年間300万人以上の観光客がこの地を訪れる。2015年の観光客は延べ344万4000人に上っている。

白浜町観光課の統計によれば、そのうちこの地に宿泊する観光客は203万6000人となっており、1年間で白浜町の人口の100倍に当たる観光客がこの地に宿泊していることになる。

現地メディアの報道によれば、白浜町では宿泊施設の不足に最も頭を悩ませている。そのため多くの中国人投資家は土地を購入して民宿を建てて貸し出そうと計画している。

民宿投資のブームを受け、日本では多くの不動産業者が土地開発を行うと同時に、賃貸や民宿管理と運営業務の部門を設け、日本の民宿投資を目的とするより多くの海外投資家を惹きつけようとしている。(提供/人民網日本語版・編集/TG)