今年4月に「改正児童虐待防止法」と「改正児童福祉法」が施行され、体に苦痛や不快感を与える罰は、たとえ、しつけのためでも禁止となる。子供をきちんとしつけるためなら体罰もやむを得ないとされてきたこれまでの“しつけ”の功罪について、この機会に一緒に考えてみたい。虐待には、身体的暴力だけでなく激しい叱責も該当する。口頭で叱るだけでも、子供に恐怖心を与えれば、心理的虐待になる。厚生労働省「福祉行政報告