生理中のデート場所に悩んだ経験はありませんか? 生理中はできるだけ体に無理のないデートをしたいですが、どうしても予定を変えられない場合や、「ここなら大丈夫だろう」と思って行った場所で散々な目に合ってしまう場合もあるので、難しいですよね。
そこで今回は、「生理中に行って後悔したデート場所」を女子たちに教えてもらいました。

(1)映画館

「映画館ならずっと座っているだけだし、眠かったら寝られるし大丈夫だろうと思っていたけど、途中何度もトイレに行きたくなってしまいつらかった。冷や汗をかきながら我慢していた」(29歳・美容師)

▽ 何度も席を立ちにくい映画館は、生理中のデートには少し不向きかもしれません。できる限り端の席に座るなどして、対策を取りましょう。トイレを2時間我慢するのは地獄です。

(2)高級レストラン

「彼氏が高級レストランを予約してくれていた日に生理になってしまいました。断るのも悪いと思い予定通りに行ったものの全く食欲がなく、ほとんど何も食べられませんでした」(31歳・小学校教諭)

▽ 予約を取ってくれた彼氏のことを考えると、「生理だから別の日に変えて」とは言いにくいですよね。しかし、あなたが楽しめなければ彼氏も楽しむことはできません。正直に話して予定を変えてもらうのがおすすめです。

(3)ドライブ

「高速に乗らない下道のドライブデートだから安心していたけど、トイレに行きたくなったときにコンビニやガソリンスタンドがなかなか見つからず、車の中でずっともだえ苦しんだ」(22歳・学生)

▽ 下道でも急なことがあったときに対応できない場合もあるので、生理中の密室ドライブデートは危険。できれば避けた方がいいデートです。

(4)彼氏の実家

「彼氏の実家に初めて行く日に生理になってしまい、緊張で体調がどんどんと悪化。彼氏の家族の話も全然頭に入ってこないし、笑顔も引きつっていたと思う。行かなければよかった……」(28歳・飲食)

▽ この場合、彼氏だけではなく彼氏の家族にも迷惑をかけてしまうため、予定を変更するのは難しいですよね。彼氏に体調が悪いことをあらかじめ伝えて、フォローをお願いするなどして、対策を取るのがいいかもしれません。

(5)テーマパーク・遊園地

「薬も飲んで準備万端で行ったのですが、ずっと外にいたせいで体が冷えてしまい、腰痛と腹痛がいつもよりひどくなってしまいました。乗り物に乗ったら酔ってしまったし、本当に最悪でした」(22歳・学生)

▽ 冬で寒い中ずっと歩き回らなければいけないテーマパークや遊園地は、生理デートには不向きかもしれません。最初は体調がよくても、突然悪化することがあるので注意が必要。

まとめ

いかがでしたか? せっかくのデートの予定を生理で変更しなければいけないのは寂しいですが、無理して予定をこなそうとしてもつらいだけです。彼氏とのデートはこれで最後ではありません。ときにはデートをキャンセルすることも必要。彼氏もあなたが無理することは望んでいないはずです。