偉大な父エルヴィスに続き最愛の息子も亡くしたリサ・マリー・プレスリー(画像は『Lisa Marie Presley 2018年6月20日付Instagram「Flashback!!!!」』のスクリーンショット)

写真拡大

エルヴィス・プレスリーの孫ベンジャミン・キーオさんが米時間12日に亡くなった件で、ロサンゼルス郡検死局は14日、キーオさんがショットガンを口にくわえ自殺したことを伝えた。親しい友人は『People.com』に対し、ベンジャミンさんは長い間「プレスリーという名の重圧に苦しんでいた」ことを明かしている。

故エルヴィス・プレスリーの一人娘リサ・マリー・プレスリーを母に、米出身ミュージシャンのダニー・キーオを父に持つベンジャミン・キーオさんが、カリフォルニア州カラバサスの自宅で死亡したのは米時間12日早朝のことだった。14日にはロサンゼルス郡検死局が、ベンジャミンさんが口にショットガンをくわえ自らの命を絶ったことを公表。関係者によれば、ベンジャミンさんは長年アルコールや薬物依存に苦しみ、最近までリハビリ施設に通っていたという。

ベンジャミンさんを幼少期から知る友人ブランドン・ハワードさんは『People.com』に対し、ベンジャミンさんがかねてから鬱症状を抱えていたことや“故エルヴィス・プレスリーの孫”という自身の境遇から来る重圧に苦しんでいたことを証言したほか、

「そういった類のプレッシャーは、今回のことに間違いなく関係していますね。家柄や名前、世間からのイメージを汚さないようにという重圧は相当なものです。」

と明かしている。

ベンジャミンさんは、若き頃のエルヴィスを彷彿させる外見で度々注目を集め、2009年にはミュージシャンとして「ユニバーサル・レコード」と500万ドル(約5億3000万円)という破格の金額で契約にいたったが目立った活動は見られず、そのプライベートはヴェールに包まれていた。

ベンジャミンさんの元恋人アレクサ・ローデさんは、自身のInstagramにベンジャミンさんとの思い出の写真を複数公開し「必要とする人にはいつでも愛情を与えていた」「1000年生きた人みたいに賢くて、5歳児みたいにあどけない人」「最高のジョークで人を笑わせ、ルールはいつも破る人だった」「天国で美味しいお寿司を満喫していることを願っています」と故人を追悼している。

“キング・オブ・ロックンロール”ことエルヴィス・プレスリーは1977年8月、心臓発作のためテネシー州メンフィスの自宅トイレで床に倒れこむようにして息を引き取っていたところを発見された。孫息子のベンジャミンさんは、鍵をかけた自宅トイレのバスルームで便器の上にうなだれるようにして亡くなっていたという。

画像は『Lisa Marie Presley 2018年6月20日付Instagram「Flashback!!!!」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 c.emma)