米国で17年ぶりとなる死刑執行の延期 立ち会う犠牲者遺族がコロナ感染懸念

ざっくり言うと

  • インディアナ州の連邦地裁は10日、死刑囚の死刑執行延期を司法省に命じた
  • 立ち会う犠牲者遺族が、新型コロナへの感染を懸念して延期を求めていた
  • 延期は連邦レベルで17年ぶりで、司法省は不服として異議を申し立てる方針

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x