「毎晩悪夢を見ました」京アニ放火犯を治療した主治医が語る苦悩や葛藤

ざっくり言うと

  • 京アニ放火事件の容疑者を治療した主治医が、週刊文春の取材に応じた
  • ほとんど救命が期待できない状態だった容疑者を懸命に治療したという
  • 毎晩悪夢を見ては病室に走り、生きていることを確認する日々だったそう

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x