福岡県警本部=福岡市博多区

写真拡大

 就学前の男児にわいせつな行為をしたなどとして、福岡県警は4日、福岡市中央区谷2丁目、会社経営金子司容疑者(35)=強制性交等などの罪で起訴=を強制性交等、強制わいせつ、児童買春・児童ポルノ法違反(製造)の疑いで再逮捕し、発表した。

 容疑をおおむね認めているという。

 少年課によると、金子容疑者は昨年11月24日と同29日の夜、自宅で知人女性の男児(3)が13歳未満であることを知りながらわいせつな行為をし、その様子をスマートフォンで撮影して保存した疑いがある。「わいせつ行為と撮影は間違いないが、保存したかは覚えていない」と話している。

 押収したハードディスクに動画が残っており、被害が発覚した。24日は知人女性に用事があったため、男児を自宅で預かっていた。29日は女性も金子容疑者の自宅にいたが、女性はわいせつ行為に気づいていなかったという。