現在終活が進行中(写真/小暮誠)

写真拡大

終活」──。2009年に登場したこの言葉は、人生の“終わり”に向けた準備であり、天寿を全うするための助走を意味していた。ところが、この10年で「終活」は変わりつつある。人生の残された時間と向き合うことで、第2の人生を豊かに過ごすきっかけとなっている。それは、著名人も同じ。みのもんた(74)が語った。

 * * *
 2012年に亡くなった女房は生前から、終活を進めていたようです。だからある程度、片付いてはいたんだけれど、僕の代で処分しなくてはならないモノがまだある。自分もそういう年齢になったんだなぁと思っています。

 僕がいろいろモノを残して死ぬと、子や孫の間でもめ事が起こる可能性がありますからね。

 処分に一番困るのが、写真、アルバム、手紙類。大量にあるんだけど、市のゴミ置き場に捨てるのも、産業廃棄物として出すのもねえ。だから、家に焼却炉を買っちゃったんですよ。そこで、モクモク煙を出さないように気をつけながら、週に1回、燃やしています。本当は、アルバムなんかは捨てがたいんだよね。だから子供たちが映っている写真はできるだけ本人にあげて、あとは、一度見直して、「さよなら」と。

 ラジオ時代の音源は、どうしようもない。僕らの時代はオープンリールだから場所を取るし、粉砕するのにはどうすればいいのかな。こういうのは、自分にとってはいい思い出にはなるけれど、欲しい人なんていないし、残された側は困るでしょう。そういう手間を子供たちにできるだけかけさせたくないんです。

 葬式は、やりません。僕が死んだら、お坊さんにお経を読んでもらってすぐ焼いてもらう。親族だけの密葬です。告別式はやりません。だって、義理で参列しなきゃいけない人にとっては迷惑でしょう。自分が死んで誰かに手間をとらせることはしたくない。密葬のために、最期の言葉は録音して残そうかなとは思っています。「今日はありがとう、気をつけて帰ってくれ」とね。

 来年、75歳という年齢を迎えるにあたり、僕は家業であるニッコク(水道メーターの製造販売)の社長を退任します。事業継承というのは、規模の小さな会社であるほど揉めるものなんです。だからこそ、そうしたことが起こらないようにしたいんです。

 特にうちの場合は、次男がテレビ局を辞めて行くところがないので、入れるつもりもなかったけれど結局うちにいる。そこにもう一人、株を持っている長男がいる。まだ若造だから社長に就ける年齢ではありません。別の者が会社を担い、身内が社長適齢期の60歳近くなった段階で、会社が認めて本人たちにもやる気があれば、社長に就任できる道筋を整えておかなければならない。75歳から3、4年は私も経営をじっくり見ますよ。場合によっては再復帰しなくてはならないかもしれない。

 うちには子供が3人、孫が8人いるけれど、残されたモノで争ってほしくない。「欲」っていうのは嫌だね。日頃はカッコいいことばかり言っている奴に限って欲があるというのも随分と見てきたから、子供や孫にはいがみあってほしくない。

 僕が生きている間にできるのであれば全部整理して、死んだときには何もなしにしたいんだ。「ああ、寄付しちゃったのか」と思われるのがいいな。

 女房も、亭主が先に逝った時のために蓄えていたものをキレイに寄付していたのが亡くなってからわかった。それが一番きれいだよ。

※週刊ポスト2018年9月21・28日号