「iPhone SE 2」と噂される、iPhone SEの後継モデルを予測した完成度の高い3Dレンダリング画像が公開されました。

現行iPhone SEを踏襲した「iPhone SE 2」

「iPhone SE 2」の高精細な画像を公開したのは、これまでもApple製品のコンセプトデザインを数多く制作・公開しているデザイナーのマーティン・ハジェク氏です。
 
ホームボタンが残っているところは現行iPhone SEのデザインを踏襲しています。
 
イヤホンジャックは廃止されており、背面パネルの素材はガラス製となっています。
 

 
iPhone XやiPhone8/8 Plusと同様、ガラス製の背面パネルが採用されるなら、ワイヤレス充電に対応すると考えられます。
 

 
背面カメラは、現行iPhone SEよりもレンズの口径が大きくなり、iPhone8と同じように本体から少し出っ張っています。
 

相次ぐ「iPhone SE 2」の画像流出

「iPhone SE 2」については、電源の入った本体を手にした動画が中国のSNSで公開されたほか、ガラス製の背面パネルの写真と、iPhone XのようなフルディスプレイデザインのCAD画像が相次いで流出して話題を集めています。
 
BGRのザック・エプスタイン氏は、掲載した「iPhone SE 2」のCAD画像は信頼できる関係者から入手したものである、と説明しつつも、「低価格モデルのiPhone SEの後継機種に、コストのかかるTrueDepthカメラを搭載してホームボタンを廃止するだろうか?」と疑問を投げかけていました。

 
 
Source:Martin Hajek
(hato)

投稿 「iPhone SE 2」はこうなる?高精細3Dレンダリング画像が公開 は iPhone Mania に最初に表示されました。