芹那にコケにされた芸能レポーターが激怒「絶対スクープを撮ってやる!」

写真拡大

 昨年、テレビで見ない日はなかった元SDN48でタレントの芹那。番組だけでなくイベントなどにも引っ張りだこだったが、そこでの話題は常に“恋愛”関係の話だった。

「あれは、芹那さんが意図的に仕掛けているんですよ。イベントのギャラは高く、話題があれば呼んでもらえるのを本人もわかっていますから。それで、話題の人や人気芸人に“口説かれた”と言って、話題作りをしているんです」(テレビ局関係者)

 その“手法”で南海キャンディーズの山里亮太やバカリズムから非難され、芸人の間では「芹那に気をつけろ」が合言葉になったそうだが、ある芸能レポーターも彼女に対して憤りを感じているという。

「昨年末の特番で一緒になったあるレポーターが、彼女の楽屋に挨拶に行ったそうなんです。何度も共演しているはずなのに、芹那は『初めまして〜』と挨拶。それだけでなく、ずっと携帯をいじっていて目も合わせなかったとか。その態度に怒ったレポーターがレポーター仲間に連絡して『あの子のスクープを絶対に撮る!』と息巻いていました。週刊誌の記者連中にも協力を頼んだみたいです。そのレポーターは『プライベートを犠牲にしてでも、絶対スクープする』と執念を燃やしていましたから、近々、彼女のスクープが出るかもしれませんね」(芸能事務所関係者)

 今年は、本当の恋愛話で話題になる?