「とろサーモン」の久保田かずのぶ(C)日刊ゲンダイ

写真拡大

【ギョーカイ“マル秘”雑記帳】

M-1舌禍事件の“主犯”とろ久保田は泥水をすすり続けていた

 日刊ゲンダイ既報通り、年明けからぼちぼちテレビ画面に姿を見せ始めた「とろサーモン」の久保田かずのぶ(39)。事務所の先輩で発言力のある松本人志(55)から異例の救済措置を受け「首の皮一枚つながった」(事情通)というのだが、それだって世間の風当たりはめっぽう強い。

 上沼恵美子(63)に対する数々の暴言が問題となり、謝罪の投稿を行って以来、実に33日ぶりにツイッターを更新し、〈是非ご覧ください〉(1月5日付)と出演番組の告知ツイートを行うと〈やっぱり腹立たしい〉〈テレビに出るなよ〉などと辛辣な批判のコメントが寄せられる始末。中には激励する書き込みもあったが、単なる番宣でさえ“大荒れ”である。

 もっとも「所属タレントがごまんといる吉本の中でも、久保田の酒グセの悪さは指折りだった。だから、事あるごとに事務所は久保田本人に厳重注意を促していた」(吉本関係者)というのだから自業自得以外のなにものでもない。だが、“久保田ショック”は周囲にも相当な影響をもたらしたそうで――。

「例の騒動以降、吉本の若手芸人は緊急招集され、半ば強制的にコンプライアンス研修への参加を余儀なくされたとか。東京と大阪にある吉本の劇場で行われ、“酔ったときにはSNSをやらないように”と念押しする内容だったそうです。しかも研修は、全国各地に移住している『住みます芸人』も例外ではなく、事務所が交通費を支給し、わざわざ呼び寄せたといいます。吉本は10年ぐらい前からコンプライアンス研修を行っていましたが、それだって、せいぜい年1回ペースだった。それが、久保田をはじめ、所属芸人の問題行為が多発したため、昨年は少なくとも5回は開催されたそうです」(前出の事情通)

 若手芸人はいい迷惑である。