吉田敬(ブラックマヨネーズ)

写真拡大

24日放送の「バイキング」(フジテレビ系)で、ブラックマヨネーズ吉田敬が、かつて松居一代に本気で怒られたことがあると明かした。

番組では先週に引き続き、松居と夫・船越英一郎の泥沼化した離婚騒動を特集。先週末には船越の所属事務所が、名誉毀損や業務妨害などを理由に、法的措置の準備に入ったことを発表している。

ふたりの騒動にコメントを求められた吉田は、松居について「愛が強すぎる」「強烈なんです」とコメント。そのように思うのには理由があるようで、以前、掃除がテーマの番組で一人暮らしをする部屋に松居が掃除に来てくれたそう。松居は、自身で掃除用具の通称「松居棒」を開発するなど、掃除に一家言あるのだ。

吉田は部屋にやってきた松居に「テレビとは思えないぐらい本気で怒られて」しまったと明かしたのだ。「何が腹立つって一緒になって小杉も怒ってたのが腹立つ」と、便乗して怒っていた相方・小杉竜一の姿を口惜しそうに振り返り、スタジオの笑いを誘っていた。

【関連記事】
松居一代手記を掲載した「週刊新潮」に元「週刊文春」記者が苦言
井上公造氏 船越英一郎の所属事務所が松居一代を訴える発表をした理由を推測
松居一代が訴える“事務所の圧力”を井上公造氏が猛反論「とんだお門違い」