別宅マンション購入には仰天の真相が

写真拡大

 次々とネットに動画を公開し、夫・船越英一郎(56才)を攻撃する松居一代(60才)。7月13日20時30分には、動画の第8弾として、「別宅の真相」という動画がアップされた。松居はその動画の中で、2011年、船越が自宅から至近距離に別宅マンションを購入したのは、「ある女性が書いた1通の手紙」が原因だったとして、《船越英一郎さま あ、親愛なる、ってつければよかった》という一文から始まる以下の文面を読み上げた。

《最高に粋な夜、やんちゃな約束、待ち合わせでしたネ。何が何でも“行くッ”て決めてました》
《何だか世代も性別も違うけど何ひとつ違わない感じがします》
《最高! 末長く仲良くしてください!》

 さらに松居は、この手紙を書いた女性と船越が2010年9月23日に京都市内のホテルに宿泊したと指摘。差出人の名前こそ読まなかったが、画面には手紙の現物とともに《大宮エリー》との署名が映し出された。続けて松居は手紙のなかに、恋愛成就を願って全裸の子供を描いた「おちんちんシール」が入っていたと真顔で報告し、「この手紙が火種になって夫は別宅を設けないといけなくなった」と主張した。

 手紙の差出人は、脚本家でタレントの大宮エリー(41才)。彼女は松居の動画について、自身のHPで「事実誤認甚だしく、大変迷惑な話です」とコメント。さらに16日に北海道函館市で行われたイベント後に報道陣から船越との男女の仲を問われて、「ないよ。あるわけないじゃん」と一蹴した。

 すると松居は翌17日にツイッターですかさず、「どこの何が事実誤認なのか、お教えいただきたい」と反論した。「京都の夜」で実際に何があったのか。事情を知る芸能関係者が言う。

「7年も前のことのうえに、本当に何もあるわけないですよ。それを大事にして発信するほどネタがないんだと思います。船越さんと大宮さんは2010年3月放送の『ソロモン流』(テレビ東京系)で共演した際、“一緒に何か仕事をしたいですね”という話で盛り上がった。当時、船越さんが京都で仕事をしていると言うと、大宮さんが“では私が京都に行きます”という話になり、船越さんの事務所関係者を含めた4人で会食して同じホテルに泊まりました。もちろん、全員別々の部屋です。彼女がわざわざ京都まで来てくれたので後日に船越さんが交通費を渡したところ、御礼にもらったのがあの手紙です。

 大宮さんは作家なので、彼女なりに趣向を凝らした情熱的な文面になり、それを読んだ松居さんが勝手に勘違いしたのでしょう。それに松居さん、その当時も男女関係は疑っていませんが、としっかり大宮さんに伝えていたはずなんですけどね…」

 手紙を読んだ松居は逆上し、とんでもない行動に出る。

「自宅にある船越さんの荷物を全部、放り出したんです。船越さんが長期撮影のために京都で宿泊していたホテルや小田原の実家に180箱もの荷物が送られました。そして、それまで船越さんの部屋だった地下室はリフォームされて潰されてしまった。帰る家を失い、しばらくホテル暮らしをしていた船越さんですが、心身ともに疲労がたまったので、別宅マンションを購入することになったのです」(松居の知人)

 松居のいうことを信じれば、夫婦はすでに別居して7年目を迎えている。「一般的に言えば5年以上別居が続けば離婚が認められる」(離婚事情に詳しい弁護士)というが、松居はどう考えているのだろうか。

※女性セブン2017年8月3日号