澎湃新聞によると、22日午後3時半ごろ、上海市虹梅北路にある日本人学校虹橋校でスクールバスが事故を起こし、14人が負傷した。写真は微博より。

写真拡大

澎湃新聞によると、22日午後3時半ごろ、上海市虹梅北路にある日本人学校虹橋校でスクールバスが事故を起こし、14人が負傷した。

記事によると、24人の生徒が乗車したスクールバスが、学校から出発しようとした際に敷地内の壁に激突。この事故で、教師3人と児童11人が負傷して病院に運ばれたが、いずれも命に別状はないという。スクールバスの運転手は20年以上の経験のあるベテランの女性ドライバーで、「ブレーキが効かなかった」と話している。地元警察は現在、詳しい事故原因について調べているという。

上海市には虹橋校と浦東校の2つの日本人学校があり、虹橋校には小学1〜6年生が通っている。(翻訳・編集/北田)