米国の四肢まひ患者、ソフトウェアによって右手を「回復」 史上初の偉業

ざっくり言うと

  • 胸部から下がまひした米国人男性が、右手を使えるようになったと発表された
  • 損傷した脊髄に代わり、脳と手の筋肉との間をつなぐソフトウェアが活躍する
  • 脳信号はコンピューターで解読し、別経路で手などの筋肉に伝達されるという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング