広末涼子

写真拡大

14日放送の「とんねるずのみなさんのおかげでした」(フジテレビ系)で、女優の広末涼子が、メジャーリーガーのイチローに驚きの要求をされた過去を告白した。

番組では名物コーナー「食わず嫌い王決定戦」に、小栗旬と広末が5回目の登場を果たした。広末は、2006年の出演以来約10年ぶりとあって「なんだかすごく年を取った気分ですね」と心境を語っていた。

同コーナーで広末は、これまでにイチロー、石井一久氏、室伏広治、鈴木亜久里氏らスポーツ選手としか対戦経験がないそうだ。

広末とイチローの出演回について、石橋は「99年のイチローのときは、(高校の)卒業式がもうすぐだって言ってましたよね」と広末に確認し、「そのときイチローが『ルーズソックスくれ!』と言って」と、イチローが広末にルーズソックスルを要求していたことを明かしたのだ。

広末はその場で「ルーズソックスじゃなくて、紺ソク(紺色のハイソックス)なんです!」と答えたそうだが、イチローから「紺ソクを額に入れるから!」と言われたとか。これには石橋も「ド変態発言!」と声を上げ、小栗は爆笑していた。

【関連記事】
木梨憲武が「食わず嫌い王決定戦」でまさかの暴露 小栗旬に「赤貝嫌いだろ」
有吉弘行がイチロー選手のふざけたノリを「見てられない」と苦言
石橋貴明 今のお笑い芸人に苦言「群がりすぎているよね」