ナショナルズ2−11ドジャース」(24日、ワシントン)ドジャースは20安打11得点の猛攻で3連勝を飾った。大谷翔平選手が猛打ショーを演出した。九回2死一、三塁の第6打席は左中間フェンス直撃の適時二塁打。打った瞬間、大谷は確信したように歩き始めたが、わずか50cm届かず、3戦連発はならず。一走ベッツの足なら生還できるかと思われたが、確信していたのか三塁止まりに。それでも、フリーマンが2点適時