シルクスクリーンプリントや黒板の文字描きを体験!おしゃれ好き注目の参加型イベント

写真拡大

ブーツやアウター、ショールやファーなどのあったか小物と、心踊るファッションの秋! ファッションショーなどおしゃれ好きな女子の心をくすぐるイベントも満載。そんな中、2015年10月24日(土)・25日(日)の2日間限定で、港区青山で買い物を楽しみながらワークショップも体験できる参加型イベント「LUMINE the QUARTIER-LA Exhibition & Market VOL.3」の一般向けマーケットが開催される。アパレル、アクセサリー、ジュエリー、靴、バッグ、帽子、服飾雑貨など全23ブランドに加え、多方面で活躍するアーティストがさまざまな企画を行う。

「ブランドが抱く世界を参加者が体験できるようなカスタムオーダー会や実演販売、展示などの企画を多数展開します。また新たなファッションカルチャーを多くの方に楽しんでほしいという想いから、イラストレーターやアーティストなどを招いたワークショップもいろいろと行われたり、オリジナルフードメニューと空間が用意されるなど、1日たっぷり楽しんでいただけます」と広報ご担当者さん。

ショッピングが楽しめるだけじゃなく、デザイナーと話したり、ブランドとアーティストがコラボしたワークショップまで体験できるなんて、そうそうないチャンス。どんなイベントが催されるのか、さっそくチェックしてみると…。
色と色を掛け合わせたリボンワークのファブリックを提案するブランド「mYmI」の目玉企画は、新作のリボンポケットトートのカスタムオーダー会「”選べるポケット”イベント」。ポケット生地を今までのリボンメッシュのアーカイブパターン約20種よりチョイスでき、自分好みにカスタムできる。


シンプル&ミニマルをベースに、トレンドのエッセンスも加えた、新しいもの・ちょっと変わったものを求めている女性に向けたジュエリーブランド「ASAMI FUJIKAWA」では、オリジナルのカラーリングオーダー会「COLOUR」を開催。当日は、サンプルアイテムも販売される。


木、革、和紙、ガラスや金属などさまざまな素材を使ってバッグやジュエリーを展開する「emamima」では、夜店で売っていたような指輪やおもちゃ、見つけた流木、部品などの様々な懐かしいものを和紙『papery』で一緒にすきこんだ作品をアートやギフトとして販売するなど、雑貨好きな女子の心をくすぐるショップも。


さらにワークショップブースでは、世界各国を旅する中で集めたおもしろい古着や雑貨と、国内外のアーティストの作品を扱う札幌のショップ「OCHO」と多種多様な気まぐれ絵描き“苦虫ツヨシ”さんによるシルクスクリーンプリントハウスがオープン。手持ちの物やトートバッグなどに絵柄をプリントでき、プリント後にはオリジナルのフォトパネルを使って記念撮影をパチリ!


また、ゴシック的なものからスタイリッシュなものまで自由自在に文字を描くペインター“Maho Iwanaga”さんがお家に飾れる黒板の文字描きワークショップを開催。20cm×30cmの黒板を使ってチョークでかわいい文字の描き方をレクチャーしてくれるほか、表札やSignなど、お家やお店に飾りたい物が見つかる2日間限定の「Sign Shop」も登場。その他、照明写真のような似顔絵が手に入る「1 minutes Self Portrait?」など、心くすぐられる魅力あふれる企画がいっぱい!

ファッションの新しい楽しみ方やおしゃれ心を刺激してくれる出会いがあるかも。入場料無料なので、ぜひぶらりと遊びに訪れてみては?