「跳びたかった」「もちろん、北京オリンピックに向けての(日本の出場)枠もかかってくると思いますし、全力で自分の役割を全うしたいなと思います」昨年末に行われた全日本選手権で圧倒的な演技をみせて優勝、世界選手権代表に選ばれた羽生結弦は、記者会見で、最大の3枠を勝ち取る決意を語っている。【写真】2014年4月24日、ANAの新制服発表会に、ソチ五輪の決めポーズで登場フィギュアスケートも他の競技同様、コロナ禍を