中国メディアは、僧侶ボーカルプロジェクト「キッサコ」のメンバーとして活動する薬師寺寛邦氏を紹介し、「薬師寺氏は日本の西部にある禅寺の僧侶だ。かつて住職である父を引き継ぐことを拒み、ミュージシャンとして活動したが、名が売れても喜びを感じることができず、仏門に入った」とした。(イメージ写真提供:123RF)サーチナ

日本の僧侶が歌う「お経ソング」が中国で人気 単独コンサートも予定

ざっくり言うと

  • 中国で、日本の僧侶が歌う「お経ソング」が人気を集めているという
  • ネット上で大きな反響があり、年内には中国で単独コンサートの開催も予定
  • 中国の評論家は、ギターを演奏する僧侶について「大胆かつ独特」とした

ランキング

x