霜降り明星の粗品

写真拡大

 14日放送の『YOASOBIのオールナイトニッポンX(クロス)』(ニッポン放送)にお笑いコンビ霜降り明星の粗品(28)が出演した。放送内では粗品が際どい下ネタを放り込んだようで……。

【写真】かわいいと話題になったYOASOBI・ikuraの投稿写真

 コロナ禍で大ヒットした『夜に駆ける』以降、ヒットソングを立て続けに出し続けているYOASOBIはNHK『紅白歌合戦』に2連続出場を決めたばかりの要注目アーティストだ。

 YOASOBIはボーカロイドプロデューサー(通称ボカロP)兼ソングライターのAyase(あやせ、27)とシンガーソングライターの幾田りら(YOASOBIではikura名義、21)からなる2人組ユニット。

 Ayaseはアニメ『鬼滅の刃』で大ヒットした『紅蓮華』『炎』を歌うLiSA(34)やHey! Say! JUMPなどにも楽曲提供をする勢いのあるボカロPとされ注目されている。

 ボーカルのikuraはYouTubeチャンネル『THE FIRST TAKE』で『夜に駆ける』を披露するとその再生数は1.1億回を記録し、一躍有名に。今では他のアーティストとのコラボなども積極的にしている女性アーティストだ。

YOASOBIのラジオ番組で粗品が下ネタ投下

 さて、本項冒頭の粗品の発言とはどんなものだったのか。

「ラジオの16分過ぎころに粗品さんが登場しました。粗品さん自身もボカロPとしてYouTubeで楽曲を配信しているため、YOASOBIとの音楽トークに華が咲き始め、専門用語が飛び交いながらも和やかな雰囲気でした。

 しかし、Ayaseさんが“P(プロデューサー)は自称ではなく周りから言われて浸透していくもの”というと、粗品さんは“俺は童貞P、包茎P、カントンPや”と突然下ネタをぶっこんできたのです。これにAyaseさんは大爆笑。ikuraさんも笑ってはいましたが“すごい今、真正面から言われてびっくりしちゃった。洗礼をうけました”と戸惑っていました」(ラジオ局関係者)

 その後、一旦別のコーナーを挟んだ後、ラジオブースに戻ってきた粗品は意気消沈したように、

「さっきちょっと下ネタを言ってしまって…」「ソニーの大男に首根っこつかまれて……、5分くらい……」と発言。

 それにikuraは「すみません、私は全然OKなんですけど」と返すも、粗品は立て続けに「全然OKなんですか? 最近いつセックスしたんですか?」と質問を返した。

 爆笑に包まれたラジオのムードではあるが、「この発言は危険」と話すのはラジオ局関係者だ。

「笑いを取るためにしたことなのでしょうが、セクハラとも取られかねない発言なので、お叱りを受けるのも仕方ないように思います。

 粗品さんは過去にもラジオで、雨女だという女性アナウンサーの話になり“熱海が終わったもんな、雨で”と発言し、“無神経すぎる”と非難殺到。熱海市での大規模な土砂災害があった直後だったこともあり、同番組中に謝罪をすることに至りました」

「まともな会社勤めなら処分受けるレベル」

 ラジオでの発言は地上波テレビに比べると際どいものもある印象だが、過去にはこんなこともあったとラジオ局関係者は続ける。

「同じ吉本興業所属のナインティナイン・岡村隆史さんは“コロナ明けたら、可愛い人が短期間ですけれども、お嬢(風俗嬢)やります”“だから今我慢しましょう。今我慢して風俗に行くお金をためとき”という発言が大炎上しました。

 女性が性風俗業で働くことを待ち望むような発言に、かなりの非難が殺到。出演している『チコちゃんに叱られる!』(NHK)では降板を希望する署名運動が始まってしまうなど、岡村さんとしてもその発言の重みを痛感したと思います」

 今回、粗品のikuraへの発言についてネット上では、ただの下ネタとして面白がる両者のファンもいたが、

《粗品、ikuraちゃんにセクハラかましてて引いた。あれはアウト》
《飲み会でも充分にアウトだがこれ公共の電波を使ってのセクハラだからより悪質で罪が重い》
《セクハラした相手の『気にしてない』という許しを間に受けてよりセクハラを畳み掛けるって……》
《まともな会社勤めなら処分受けるレベル》

 といった批判の声もあがっていた。

 粗品とLINEを交換している仲のAyaseに対し、ikuraは全くの初対面。21歳の女性が、有名な年上男性のゲストから下品な質問をされたら、否が応でも笑って受け流すしかないだろう。大人な対応をとったikuraに粗品は救われたとも言える。

 セクハラととるか下ネタとしてお笑いととるかは人それぞれ。今回のラジオでは終始笑い声が聞こえる楽しい雰囲気で終了するも、公共電波での発言は注意したほうがいいかもしれない。