約3年前から2匹の保護猫が”家族になっていた”ことを明かした

写真拡大

 その猫は、側溝から誰かに助けられるのをじっと待っていた。片腕が生まれながらにしてなく、さらに側溝に落ちるという悲劇に見舞われた猫を最終的に引き取ったのは福山雅治(52才)だった。ラジオで初めて明かされた2匹の保護猫との生活は、心がほっこり温まるエピソードにあふれていた。

【写真】かわいすぎる猫たち。近年、保護猫カフェがオープンするなど人気に

《初公開するのですが、実は私、保護猫ちゃん、飼ってるんですよ》

 福山雅治(52才)が突然告白をしたのは、自身がパーソナリティーを務める4月3日放送の『福のラジオ』(TOKYO FM)のエンディングでのことだった。初めて明かされるペットの存在、そして身寄りのない保護猫を飼っているという事実にファンは敏感に反応した。《どんな猫なの?》、《なぜましゃが保護することになったの?》というファンの声を受け、次週の番組で、保護猫たちとの日々を語ったのだ。

 保護猫とは、飼い主に捨てられたり、多頭飼育していたブリーダーが飼育崩壊したりなどして、行き場を失った猫たちのことで、里親が見つからなければ殺処分されることになる。現在、社会問題化しており、年間殺処分数は犬・猫合計で約3.8万頭、内訳は犬が7687頭に対し、猫は3万757頭と約4倍も多い。

 福山が、保護猫を家族に招いたのは約3年前。2匹いて、カフェオレ色の「オレちゃん」と、虎柄の「トラちゃん」。共にオスだという。とりわけオレちゃんとの出会いは、壮絶なものだったと福山はラジオで明かした。

《縁あって知人から紹介されたんですよ。生まれて1週間くらいの隻腕(一方の腕がない)の子猫が側溝に落ちていたようで。(知人が)引き取って保健所に連絡したら、処分されてしまうかもしれないということだったみたいで》

 事情があったのだろう、自分では飼えないと判断した知人は、福山に連絡をした。

《僕が保護動物のショップと知り合いなのを知っていて、連れていってくれないかという話があったんですよ。だけど、生まれながらに右腕がないので、なかなか引き取り手がないだろうなと思って(自分が)預かっていたら、もうダメでした。かわいくてしょうがないから……。これはもうこの子はずっといるんだなということで》

 ペットショップの中には、保護動物の里親譲渡会を開くなど、動物愛護活動に重きを置くケースもある。福山はそんなショップとつながりがあったという。2匹目のトラちゃんを飼ったのは、オレちゃんの“教育”のため、という意味があったようだ。

《猫の社会性というものがあって、1匹だけだとどうしてもわがままというか、勝手すぎるところがありまして(笑い)。もちろん1匹だけでもそうじゃない子もいるんだけど、うちのオレちゃんはわりと勝手なところがあったので、これはやっぱりもう1匹いた方がいいんじゃないかなということで、保護猫を扱うショップでトラちゃんを引き取ってきたんですよ》

 トラちゃんの本名は“レスポール”。福山のお気に入りの、虎柄のギターのブランド名だ。ただ、呼ぶには長すぎるのでトラちゃんに落ち着いたという。

《トラちゃんは、すごく人懐っこくて、会った瞬間からすぐ抱っこできて。(中略)でもオレちゃんは全然抱っこさせてくれないんですよ》

 そうすねる福山の声は、もうデレデレ。対照的な性格の保護猫との暮らしが3年目に突入するという福山は、すっかり猫たちの虜になっているようだ。あふれる猫への愛は、人知れず、楽曲にまで表れていた。

「2018年の冬ドラマ『生田家の朝』(日本テレビ系)の主題歌『いってらっしゃい』では、イントロや間奏で猫の鳴き声が聞こえます。その声は、オレちゃんの声なんです。ドラマが放送されていた頃はまだ保護猫の存在を公表する予定はありませんでした。なので、“ミゾ”という偽名で参加していました。その名前は、オレちゃんの出身地が溝(ミゾ)だからというのが由来なんです」(番組関係者)

“猫”山雅治に名前を変えた

 密かに自身の楽曲にまで登場させるくらいの愛猫家の福山。なぜ、保護猫を引き取るに至ったのだろうか。福山を知る芸能関係者はこのように推察する。

「福山さんが猫を飼い始めた約3年前といえば、妻の吹石一恵さん(38才)との間に生まれたお子さんの子育て真っ最中の頃。これから大きくなっていくお子さんに、命の大切さを教えるという意味もあったのではないでしょうか」

 また、ファンの間では犬派として知られていた福山が実は猫も好きだった理由も、ラジオで明かされていた。

《小学校から高校くらいまで、もともと(犬と猫)どっちも飼っていました。(犬好きは)どっちかと言えばという話なだけで、どっちも好きです》

 動物好きの福山だが、保護猫を飼い始めたもう1つの理由に、昨今、彼が死生観を見つめ直している、という点も関係しているのかもしれない。

「昨年、リリースしたアルバムのタイトルは『AKIRA(アキラ)』。これは17才のときに50代前半で亡くなった彼の父親の名前です。このアルバムで福山さんは『死生観を描きたい』と語っています。自分が亡くなったお父さんと近い年齢になり、『父ちゃんが生きていたら自分の生き方をどう思うのか』と自問自答する日々だといいます」(レコード会社関係者)

 保護猫を飼うことも、命や死生観といったものと向き合う行為なのかもしれない。さらに、故郷・長崎県のPR企画に、福山は猫と一緒に参加している。

「クリエイティブプロデューサーとして福山さんが参加してくださっています。長崎は人口減少数が2年連続でワースト1位になるなど、大きな課題を抱えている。さらに“猫の街”として知られる長崎ですが、殺処分が後を絶たず、全国でも処分数はワースト1位だったことも。問題山積なんです」(長崎県関係者)

 人口減少と殺処分という大問題を解決するために、“猫の手”も借りたい状況の中、白羽の矢が立ったのが、その猫たちと、福山だった。

「プロジェクトの第1弾として、3月にはPR動画が公開されました。そこには、長崎の各地で暮らす地域猫(住民と共生している、特定の飼い主がいない猫)と保護猫が出演しています。福山さんらが猫たちの声を担当していて、福山さんは、“茶白”と呼ばれる猫の声で、“猫”山雅治と名前を変えて出ています。この動画は地元や福山さんファンだけでなく、猫好きの間でも話題になっています」(前出・長崎県関係者)

 県のPRだけにとどまることはなく、福山はラジオで、動物の保護活動についても熱い思いを語る。

《長崎の猫たちのみならず、可能な限り殺処分ゼロというものをこの日本国が目指していけるような、微力ながら、でも無力じゃない活動ができればなと思っております》

 生まれ故郷でも猫と過ごし、命について考えてきた福山が結婚し、子供が生まれた東京でも猫を飼うことは自然なことだったのかもしれない。そして、気になる福山の家族になった猫たちの写真を公開するかも、と予告しているだけにこれからも、福山と2匹の猫から目がは“にゃ”せない。

※女性セブン2021年5月6・13日号