殺されると直感し反射的に殺害 元農水次官側が一転し無罪を主張

ざっくり言うと

  • 元農水次官の男が息子を殺害した罪に問われている裁判の2審が20日にあった
  • 弁護側は起訴内容を認めた1審から主張を変え、無罪を訴えた
  • 被害者に殺されると直感し、反射的に本件行為に及んだと弁護側は説明した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x