妻の遺体を切断し遺棄したとされる被告 「遺体なくせばなかったことに」

ざっくり言うと

  • 殺害した妻の遺体を切断して海に遺棄したとされる被告の裁判員裁判
  • 遺棄した理由として被告は「(殺害した)現実を認められなかった」と語った
  • さらに、「遺体をなくせば何もなかったことになると考えた」と説明した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x