イタリアでは病床数が足りず、簡易ベッドでの治療が続けられる(写真/アフロ)

写真拡大

 世界中で猛威を振るう新型コロナウイルス。ウイルス感染による肺炎は、高齢者ほど重症化しやすいといわれている。

【別写真】花見自粛要請の中、NEWS手越祐也らと”花見”をする安倍昭恵さん

 日本感染症学会と日本環境感染学会の発表によると(2月26日時点)、中国人患者の死亡率は40代までは1%を切っていたが、50代になると1.3%になり、60代になると3.6%と急増。そして、70代になると一気に8%まで上がり、80代では14.8%となった。この結果からわかるように、高齢者ほど死亡率は高くなる。

 小池百合子都知事が外出自粛を呼びかけた3月末の週末、都内の大学病院を訪れた60代男性が不安そうに打ち明ける。

「小池知事の要請もあって本当は外出を控えたかったけど、持病の高血圧の検査があるので仕方なく受診しました。幸い、今回は病院に来る人が少なくてホッとしましたが、持病があるからこれから先も通院しないといけない。待合室で咳をする人がいるだけで、ドキリとします…」

 男性の心配は杞憂ではない。現在、日本各地で院内感染が頻発している。

 3月28日に東京都で感染が確認された63人のうち、ほぼ半数の29人は永寿総合病院(台東区)の患者だった。院内感染者は3月30日現在で96人に達している。

 都内ではほかにも慶応病院や国立がん研究センター中央病院などで院内感染が発生し、全国では兵庫県、群馬県、茨城県などの病院で感染が確認された。

「院内感染の特徴は高齢者が多いこと。そもそも通院したり、入院している患者の多くは持病を持つ年配の人たちです。医師や看護師などを媒介に、体力が低下し、持病を持つ高齢者から感染していきやすい」(医療ジャーナリスト)

 高齢者施設での感染増加も不安材料だ。兵庫県伊丹市の介護施設「グリーンアルス伊丹」では利用者25人と職員7人の感染が確認された。家族を含めると施設に関連する58人が感染し、70代から80代の男女9人が亡くなった。

 もちろん若年層であっても、徹底して感染対策を取ることは大切だ。ただ、60才以上の高齢者の感染拡大は、前出のデータの通り、その重症化リスクの高さから、命を守るためにさらに徹底的に防がなければならない。

 さらに懸念されるのは、重症者が増えれば増えるほど、「医療崩壊」を招く恐れがあるということだ。

 ヨーロッパの現状がその事実を物語っている。アメリカ、イタリアに次いで3番目に感染者が多いスペインでは、すでに医療崩壊が現実のものとなっている。

「感染者は9万人を超える勢いで、死者は7000人を超えました。死亡者は70才以上が多く、病院の集中治療室で治療を受けている患者の約7割は60才以上です」(スペイン在住ジャーナリスト)

 スペインではフェリペ国王の親戚で、女性の権利や社会主義活動家として知られた「赤い王女」マリア・テレサ王女も新型コロナで死去。86才だった。

 バルセロナのサンパウ病院に勤務する、呼吸器科医のダビド・デラロサさんが言う。

「病院には500床あるのですが、そのほとんどがコロナ患者で埋まっています。現在、1人の医師が8人ほどの患者を診ており、医師の数が足りないので呼吸器とは関係のない専門外の医師らが応援に駆けつけている状況です。

 私が診ている一般患者の病棟は、本来、集中治療室にいてもおかしくない患者であふれています。あまりにも重症患者が多く、症状が改善しても12〜24時間以内にぶり返してしまう。こんなにも絶望的なことはありません。二十数年間、この仕事をしていますが、こんなにたくさんの重症患者を短い時間で診たのは初めてです」

 そうした状況でやむを得ず進むのが「患者の選別」だ。

「新型肺炎に対応する医療従事者や病床、人工呼吸器などの医療設備が圧倒的に不足しています。そのため医師らは治療の優先順位を迫られ、回復の見込みが薄い年配者よりも若者の医療を優先しています。つまり、誰を救って、誰を見捨てるのかという選択です。苦渋の決断です」(前出・スペイン在住ジャーナリスト)

 さらに悲惨なのは、65才以上が人口の23%を占めるイタリアだ。感染者は10万人、死者は1万人に達する。

「被害拡大が進む北部ロンバルディア州の地元紙は訃報欄が10ページに達するほどです。増え続ける患者に病院ではベッドが足らず、人工呼吸器をつけたままの感染者が廊下や待合室などに横たわっています。さらに患者が次々と運び込まれても人工呼吸器が足りないため処置ができず、毎日何十人もが肺炎の苦しみのなかで息絶えています」(イタリア在住記者)

 イタリア国立衛生研究所によると、ウイルス感染で亡くなる患者の約9割が70才以上だ。そうした状況でスペインと同じく、「患者の選別」が進んでいる。

 ロンバルディア州ベルガモの看護師は、欧州メディアの取材にこう答えた。

《人工呼吸器を誰に装着するか決めねばならない。80〜95才で(肺など)呼吸器に問題がある患者なら、措置はしない。3つ以上の中枢器官に疾患があれば、致死率100%ということだ》

 前出のイタリア在住記者が指摘する。

「被害が集中するベルガモの病院の中には、70才以上の患者の集中治療室受け入れをほぼすべて断っている病院もあります。現地の医療従事者の間では、“高齢者は死んでもらうしかない”が暗黙の了解なのです」

※女性セブン2020年4月16日号