日本で最初のウェブページが登場したのは1992年。つまり、2016年は日本でウェブサイトが誕生してから24年。人間なら大学を卒業して社会人になっているぐらいの年齢です。
本格的にインターネットが国内で流行したのは90年代後半からですが、かつて人気だったサイトは現在どんな姿になっているのでしょうか? 今回は同窓会気分でかつてのサイトの今を調べてみることにします。

「愛生会病院」



インターネット黎明期に「2ちゃんねる」で大いにネタにされた「愛生会病院」を覚えていますか?
「埼玉県にとんでもないデザインのサイトがある」といった内容のスレッドが盛り上がり、一時期は大量のフラッシュも作られました。人気が収まったあともデザインは変更されず、レトロサイトとして数多くのファンが居たことで有名です。しかし情報を集めてみると、どうやら閉鎖されているとの噂が……。

調査の結果、2013年に愛生会病院はやはり閉鎖していました。
また、新たに誕生したサイトは2013年3月に開設されたものの、外見があまりに違うため、全然気付かれなかったとのこと。心機一転リニューアルされたサイトは以前のブラックカラーとビビットな色使いというアングラ路線から一転、白を基調とした配色のスッキリとした病院らしいデザインに。どうみても普通の病院のサイトに生まれ変わっています。


http://aiseikai-cl.com
サイトが閉鎖された理由は定かではありませんが。以前のアドレスの現状について調べてみると、そこには愛生会グループの各施設が紹介されています。各施設はどれも近年に作られていることから、組織が巨大化したこともサイト刷新に影響したようです。

小学校のころイジられまくっていた子が立派な大人になっている印象を受けます。寂しいような気もしますが、立派になってよかったと思える良い変化の仕方です。

「おもしろフラッシュ総合サイト」



2000年以降に始まったフラッシュ黄金時代に人気で、「ペリーのお願い」や「千葉!滋賀!佐賀!」などのコンテンツを楽しんでいた頃の方にはとても懐かしいサイトです。

なんと、こちらのサイトは現在でも絶賛稼働中でした。
ページを開けば、未だにフラッシュを作り続ける職人達の作品を見ることもできれば、かつての懐かしい作品を見ることも可能。しかし、アクセス数はかなり悲惨な事に……これが残酷な時代の流れなのでしょう。人々を楽しませ続けることに全力だったあのサイトは今でも現役でした。

http://29g.net/

「バーチャルネットアイドル ちゆ12歳」



「仮想世界に生きる電子の妖精」は、現実の少女よりも空想(バーチャル)の少女が好きというニーズに応えるために生まれたネット・アイドルを掲げたテキストサイト。2000年代にウェブに親しんだ人間の趣味と世界観がこれでもかと詰め込まれています。

「永遠の12歳」であったちゆが今どうしているのか? 調べてみると、更新頻度が激減しており、最終更新日は2015年3月31日の「『キマシタワー』の普及について」でストップしていました。

http://tiyu.to/

一体ちゆに何があったのか? さらに調べを進めてみると、どうやらちゆはインターネットを飛び出し、三次元での出版業にいそしんでいた様子。しかし、そちらの方もかんばしく無く、現在は活動そのものが完全にストップしている状況です。

そう、ネットアイドルだったはずのちゆはネットをすでに卒業していたのです。さらにその後、案の定の急降下……懐かしのサイトを見る時には、こうした切なさを味わうこともあります。

「絶望の世界」



ネット上で絶大な人気を誇った「絶望の世界」。ネット黎明期における小説サイトとしてネットのアングラ層に絶大な支持を得ていました。

学校でいじめを受けている「僕」が一人称によって日々の日記をリアルタイムで更新していくという形式をとっていました。以下の強烈な冒頭の文章で当時の鬱屈としたネットのアンダーグラウンド感を思い出される方も多いでしょう。

「11月9日(月) 晴れ
今日はホームページ開設記念日です。日記を付ける決意をしました。
学校での嫌な事とかもきちんと書いていくつもりです。
僕の周りの人は僕がインターネットをやってる事を知りません。
知ってる人に見られる心配が無いので自由に書けます。
頑張ります」

2004年2月まで連載が続いたのち更新が途絶え、同年5月24日深夜にこのサイトは閉鎖。管理人最後の投稿は「このサイトは閉鎖しました。中途半端で申し訳ないです。長い間本当にありがとうございました。いつかきっと出直してきます・・・」となっています。

閉鎖後もファンによっていくつかのミラーサイトのみが現存。ミラーサイト内の掲示板には未だに感想が書き込まれており、書籍化を希望する声もあります。しかし、肝心のサイト管理人は行方不明。有名サイトでなくとも、当時見ていた個人サイトが今どうなっているのか、自分の目で確かめてみるとおもしろいかもしれません。
(サナダテツヤ)