「iPhoneそっくり」なスマホがつくる、新たな市場

写真拡大

中国の新興企業Xiaomi(小米、シャオミー)が発売した「Mi Note」。その「iPhoneそっくり」の端末が、アップルが勢いを増し続けるスマートフォン市場に変革をもたらすかもしれない。

「「iPhoneそっくり」なスマホがつくる、新たな市場」の写真・リンク付きの記事はこちら

アップルは止められない。アップルは歴史的に見ても優秀な企業だし、記録的な量のデヴァイスを世界中に販売している。だがわたしは初めて、アップルに再考を促すのではないかと思えるスマートフォンを手にした。そして面白いことに、ここアメリカではその端末を手に入れることすらできないのだが。

つい最近のプレスイベントで、その端末が米国のジャーナリストに紹介された。中国のスマートフォン新興企業Xiaomi(小米、シャオミー)は、集まった記者たちに端末を無料で配った。数週間前に発売された、彼らのフラッグシップモデル「Mi Note」だ。

実際に手で持ってみると、これは何かあると感じた。報道によれば、この電話は中国で発売されたとき、3分もたたずに売り切れたという。

わたしはアップルユーザーだが、アップルという企業に対して深い愛情を抱いているわけではない。アップル製品を使う理由はただひとつ、「使える」からだ。必要なことは何でもこなすし、使っていてトラブルも起こさない。

だが、数週間Mi Noteにふれたいまでは、iPhoneをたやすく手放すことができる。ものすごく役に立つとか、何か根本的な違いあるわけではない。むしろその反対だ。つまり、「それほど違わないと思うから、切り替えてもいい」ということだ。そして、同等の性能でありながら価格が半分ということになれば、「それほど違わない」ということが、大きな違いを生む。

「世界のほかの国々のための」電話

これは“レヴュー”ではない。わたしはガジェットマニアではないからだ。そこが大事な点だ。おおかたのiPhoneユーザーと同じで、自分の役に立ってくれて、生活をより良くしてくれるものが好きだ。そしてその両方をこなすものを見つけたら、それを手放さない。

そういう意味では、わたしの気持ちを変えるのは、熱烈なアップル支持者を切り替えさせるより大変なことだといえる。大統領候補者たちが動かそうとするのは、他党の基盤ではない。すべてを変えるのは、支持政党をもたない有権者たちだ。そして涙もろい穏健主義者たちと同じく、わたしのハイテク機器の好みは、スペックより経験に基づいている。

とはいえ、そんなわたしの嗜好は、始まったばかりのこの競争関係においてはいまのところそれほど問題ではない。というのも、Xiaomiはアメリカではスマートフォンを販売していないからである。だがアップルが中国においてこれまでで最高となる四半期を報告したと同時に、Xiaomiは中国で最もよく売れているスマートフォンメーカーとなった。そして、もしわたしがXiaomiに魅せられAndroidユーザーになるようであれば、2014年に4億2千万台を出荷した拡大中の中国スマートフォン市場で、アップルに代わりXiaomiのシェアが拡大してもそれほど驚くことではない。

関連記事
「低価格スマホ」が、これからすべてをひっくり返す

「iPhone6 Plus」に対するXiaomiの姿勢は、まるでライヴァルに対するそれだと感じさせるものがある。スクリーンは少し大きくなった。少し薄くもなって、重さは半オンス(約14g)近く軽くなった。Mi NoteのスクリーンはiPhoneと同じく1080ピクセルと、iPhoneに匹敵する解像度をもっているである。美しい写真が撮れる高解像度カメラと、少しだけ大きくなったバッテリーを備えている。わたしのお気に入りのアプリはすべてGoogle Playから入手できた。動作はなめらかで、きびきびと動く。そして何よりも重要なことに、洗練されている。これはアップルが長らく、Android端末の多くに勝ってきた点だ。

そしてこのすべてが370ドルで手に入り、契約に縛られることもない。iPhone独自の機能、Touch IDがないのは寂しいともいえるが、これは瑣末でマニアックな機能の類いであり、中国とインドにおいてどちらの企業が市場を支配するかという点ではあまり影響しないだろう。

Xiaomiは端末メーカー、ではない

Xiaomiの端末は非常に安価で提供されている。それは彼らが、自らはハードウェア企業ではないと決めたからだ。Xiaomiは自身がインターネット企業であり、オンラインサービスの製作会社であると言っている。デヴァイスは単に“窓”として機能するだけなのだ、と。Xiaomiが投資し、1億人のユーザーを抱えるMiUIのことだ(わたしはMi Noteをアメリカで使っていたので、このプラットフォームを使いこなせなかったが)。

わたしのような米国の消費者は彼らがデザインした「MiUI」を見て「iOSやGoogle、Amazonみたいだ」と言う。しかし中国の消費者にとってはそうではない。Xiaomiは明らかに、米国市場を見たのちに「ここはアップルが囲いこんでいる。世界の他の国々に向けた電話をつくろう」と考えたのだ。そして、世界はそれに応えた。

その火は燃え尽きるのか、燃え続けるのか

もうひとつ言っておきたいことがある。Mi Noteはわたしの子どもとって、「初めてiPadのことを忘れさせたアイテム」だ。

10歳以下の子どもがいない人のために書いておくが、この年代の層にとってのiPadは、ライオンにとっての生肉のようなものである。つまり、取り上げようとすれば、噛みつかれるかもしれない。我が家にMi Noteがやって来てからは、それがすべて変わった。今日、家人に聞いてみたのだが、iPadをいまどこにしまってあるのか答えられなかった。というのも、わたしたちはiPadがどこにあるのかについては、いつも子どもに頼っていたのだ。子どもが「中国の電話」と呼ぶものを素早く取り入れたことは、iOSから、Xiaomiが選んだAndroidへの移行が簡単であるという確かな証拠である。

Xiaomiのインターネットサービスへの“賭け”が、端末の低価格販売による損失を埋め合わせられない場合、その人気は、火がついたのと同じくらい早く、あっという間に消えていく可能性がある。だがXiaomiのビジネスモデルがうまくいけば、わたしの子どもが自分自身のデヴァイスを買い始める年頃になるまでに、アメリカに上陸する可能性も十分ある。彼らの世代にとって、Xiaomiはアップルと同じくらい有力な選択肢のひとつとなるかもしれない。

とはいえいま時点では、皮肉なことに、わたしのMi Note体験はおそらくアップルの販売台数を1台増やすことになる。わたしはまだちっぽけな「iPhone 5S」を持っているが、Mi Noteのおかげで大画面に転向したくなっている。ここアメリカではMi Noteは入手できないので、おそらく結局、iPhone6 Plusを入手することになるだろうからだ。

TAG

AppleDesignGadgetiPhoneSmartphoneWIRED US