9日、日本の自動車メーカーが中国事業の業績を相次いで発表しているが、今年第1四半期の業績は各社とも振るわなかった。特に販売台数が大幅に減少したのはマツダで、減少率が21.5%に達した。写真はマツダ車のエンブレム。Record China

マツダ 部品会社に156億円を請求

ざっくり言うと

  • マツダが、リコール部品会社を相手に損害賠償を求める訴訟を起こした
  • 国内外約59万台のリコールは、納入された部品の欠陥に原因があったと言及
  • 東海ゴム工業に、約156億8800万円の賠償を要求している

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング