あおり運転を巡る交通トラブルの末に男性にけがを負わせたとして、愛知県警瑞穂署は13日、名古屋市瑞穂区汐路町、名古屋刑務所刑務官内田慶太容疑者(31)を傷害の疑いで逮捕した。

 発表によると、内田容疑者は12日午後5時15分頃、同市瑞穂区内の市道で乗用車を運転し、同市天白区の会社員男性(38)の軽乗用車の前に割り込んで急停車。車外で男性と口論となった末に車を急発進させ、そばにいた男性を転倒させて右足首に軽傷を負わせた疑い。調べに対し、「間違いない」と容疑を認めているという。

 口論の際、男性が「妻が110番した。警察が来るのを待とう」と話したため、内田容疑者は逃走。男性の車のドライブレコーダーには、あおり運転をする内田容疑者の車が映っており、署員が行方を捜していたところ、瑞穂区内の駐車場で事故を起こした内田容疑者が自ら県警に通報してきたという。