本田圭佑が指摘した日本の弱点 最終予選突破へ意識改革が急務

ざっくり言うと

  • ロシアW杯アジア最終予選で1日、日本は1−2でUAEに敗れた
  • 本田圭佑が「日本は勝負弱い集団」と指摘し、選手側の自主性の重要性を強調
  • 楽観視と根性不足が敗北を招いたとし、意識改革が急務と筆者は述べている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング