「西武2−1オリックス」(16日、メットライフドーム)オリックスは六回にモヤの適時打で先制するもその裏の守りで山岡が粘れず栗山に逆転打を許し4連敗。19試合を残して今季の負け越しが決定。2014年を最後に6年連続でシーズン負け越しとなった。1点を追う九回は2死から代打伏見が左中間二塁打、宗が左前打でつなぎ、代打・大下が粘って四球で満塁と増田を追い詰めたが、福田は初球を打って二ゴロに倒れた。