中村倫也、6回告白して全てフラれた過去にエライザが「3回目から来なくていい」

写真拡大

篠原涼子と中村倫也が、3月10日に放送された『ぐるぐるナインティナイン 2時間SP』(日本テレビ系、毎週木曜19:56〜)の「ゴチバトル」企画にゲスト出演。中村が、6回告白してフラれたという学生時代を振り返った。

この日は「卒業ゴチSP」として、メンバーやゲストの学生時代の写真を随所で公開。それに合わせ学生時代のエピソードも語られたのだが、中村はサッカーに夢中だった小学生時代について「休み時間になったら、いの一番にボールを持って校庭に走り出す」「都合の悪い時は泣いてごまかす、次男坊みたいな」様子だったと振り返る。

そして高校生となり、俳優デビュー。卒業間近にドラマに出演したこともあり、卒業式では久々に登校すると、「写真撮ってください」という目線を感じ、逃げるように帰ったというエピソードが明かされた。

さらに学生時代の恋愛についても聞かれると、高校1年生の時にずっと片思いしていたという中村。なんと同じ女子に6〜7回告白し、すべて断られてしまったのだとか。その時、好きだった女子が夕日を浴びながら、クラスメイトの男子と仲睦まじく話している姿を見て「終わったんだな」と感じたと話す。

当時を振り返り、「好きな気持ちをどうしていいのかわからなかった」「今思えば、6回も(断りの言葉を)言わせるのしんどかったでしょうね」と彼女への申し訳なさをあらわにすると、池田エライザはもし6回告白されたなら「3回目から“もう来なくていいよ”って言う」と答え、笑いを誘った。

次回は3月17日に放送され、「音が鳴ったらダメ家族」のコーナーに日向坂46の佐々木久美が出演する。