小6男児が蹴ったボールでお年寄りが事故 両親の監督責任なしと最高裁

ざっくり言うと

  • 小6男児が蹴ったボールをよけようとしてお年寄りが転倒して死亡した事故
  • 最高裁第1小法廷は9日、2審判決を破棄して請求を棄却する判決を言い渡した
  • 2審では両親に監督責任があるとして、約1180万円の賠償を命じていた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング