今や、夫も家事から逃れられない?


 私の在籍している博報堂生活総合研究所は、1981年の設立から現在に至るまで、「生活者発想」に基づいて生活者の行動や意識、価値観とその変化を見つめ、さまざまな研究活動を行っています。

 本コラムでは、世の中で生じている事象に対して、研究所に蓄積された研究成果やそれらに基づく独自の視点により考察を加えてまいります。読者の皆様にとって、発想や視野を広げるひとつのきっかけ・刺激となれば幸いです。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

30年伸び続ける夫の家事・育児参加意識

 前回のコラムでは、私たちの研究所で行っている「家族調査」の結果を基に、1988年から2018年の30年間で夫婦間のパワーバランスがどのように変化してきたかを見てきました。家庭内のさまざまな決定権を巡っての“権力闘争”は、妻が力をどんどん増しているという状況が浮き彫りになりましたが・・・、今回はちょっと視点を変え、家庭内の「家事分担」について見ていきたいと思います。

 食事の支度や家の中の掃除、洗濯、買い物、子どもの世話などなど、毎日の生活はさまざまな種類の家事によって成り立っています。それらに対する夫婦の意識や行動には、30年間で何か変化が生じているのでしょうか。

 こちらのデータは、「夫も家事を分担する方がよい」と答えた人の割合が30年間でどう変化したかを表したもの。

 夫と妻それぞれに質問しているのですが、

●夫も家事を分担する方がよいと思う
 妻:1988年60.4%→2018年85.1%
 夫:1988年38.0%→2018年81.7%
出典:博報堂生活総合研究所「家族調査2018」(以下データも同様)

 夫のスコアは調査開始からの30年間で、なんと倍以上の伸びを見せています。

 また同様に子育てについて、「夫も育児を分担する方がよい」と答えた人の割合を見てみると、

●夫も育児を分担する方がよいと思う
 妻:1988年67.6%→2018年94.0%
 夫:1988年45.8%→2018年88.9%

 こちらも30年間で夫のスコアはほぼ倍増。

 1988年当時は、家事や育児への夫のコミットについて、妻側は「分担した方がよい」が多数派なのに対して、夫側は少数派と、両者の意識にはかなり乖離がありました。それが現在、8割超の人たちが「分担した方がよい」と考えるようになり、かつ、夫と妻との間にほとんど認識の差はなくなりました。

 昨今、女性活躍推進の流れが強まり、夫婦共働き世帯もどんどん増加している状況にあって、「家事全般は夫の役割ではない」などとはとても言っていられないということなのでしょうか。

 一昔前の社会では、「夫だって家事や育児に積極的に参加すべきだ」と公言しているような男性は、ややもすると「変わっている人」と思われたのかもしれません。が、今ではそれが多数意見。大きな時代の変化を感じます。夫と妻の意識差がほとんどなくなったという面でも、ポジティブな変化と捉えられるでしょう。

行動が伴わない、「意識だけ高い系」の夫たち

 さて以上の結果で「めでたし、めでたし・・・」かというと、決してそういうわけではありません。たしかに夫たちの多くが家事・育児参加に肯定的な姿勢を示していますが、果たして実際の参加状況はどうなのでしょうか。家族調査ではさまざまな家事について、夫と妻それぞれがどのくらい関与しているのかを答えてもらっています。

 たとえば、最も代表的な家事のひとつと言える「食事のしたく」について。

 夫がすることが「よくある」との回答は、

●食事のしたくをすることがよくある
 夫:1988年3.7%→2018年13.7%

「よくある」に「時々ある」との回答を足し合わせても、

●食事のしたくをすることがよくある+時々ある
 夫:1988年13.4%→2018年28.3%

との結果。

 30年間でスコアが伸びているには伸びているのですが・・・、先ほどの家事参加意識の変化からすると、なんとも物足りないような気がします。

 ちなみに「食事のしたく」をすることが「よくある」と回答した妻のスコアはどうなっているかというと、

●食事のしたくをすることがよくある
 妻:1998年98.1%→2018年97.1% ※1998年からの調査

と、ほぼ100%の状況がずっと続いているのです。

 このような結果は「食事のしたく」だけに留まりません。その他の家事について見ていっても、

●ゴミ出しをすることがよくある
 夫:1988年10.6%→2018年35.1% 妻:2018年68.3%

●食料品の買い物をすることがよくある
 夫:1988年10.1%→2018年22.7% 妻:2018年95.2%

●食事の後片付けをすることがよくある
 夫:1988年3.3%→2018年19.8% 妻:2018年94.3%

●風呂場のそうじをすることがよくある
 夫:1988年6.3%→2018年19.0% 妻:2018年77.9%

●洗濯をすることがよくある
 夫:1988年2.3%→2018年11.1% 妻:2018年95.4%

●部屋のそうじをすることがよくある
 夫:1988年4.4%→2018年10.5% 妻:2018年89.7%

 夫がよくする家事の上位3つは、「ゴミ出し、買い出し、後片付け」。ただ、最もスコアの大きい「ゴミ出し」のスコアを見ても、1988年から伸びてはいるものの、妻のスコアとはかなり大きな開きがある状況となっています。

 さらに、現状の役割分担について、夫と妻とがそれぞれ満足しているのかを聞いたところ、

●現状の夫婦の役割分担に「満足している」
 夫:80.2% 妻:68.3%

●現状の夫婦の役割分担に「不満である」
 夫:4.4% 妻:12.5%

と、夫の満足度に比べて妻の満足度が低い(反対に不満度は高い)という結果になりました。

 家事分担の「意識」は高いのに「行動」が伴わない。

 そして、分担状況への「満足度」は妻よりも高い。

 家族調査の結果から見えてきたのは、ちょっとキツい言い方をすれば「意識“だけ”高い系」かつ「自己満足強め」な夫たちの姿です。

 家事や育児における妻の「ワンオペ」が時折話題になっていますが、夫たちは少なくとも、家事参加の意識だけはあるのです。妻たちからすれば、「行動が伴わないんじゃ意味がないわよ」と言いたくなるのかもしれませんが、夫の側にもそれぞれ言い分はあることでしょう。「家事参加における夫の意識と行動のギャップ」は、現代の家族が抱えている課題のひとつと言えるのかもしれません。

意識と行動のギャップを乗り越えるには

 上記の課題、何か解決の糸口はあるのでしょうか?

 個別の家事分担状況で、夫の「ゴミ出し」のスコアが他の家事よりも伸びが大きくなっていることから推察されるのは、

・特にスキルのいらないもの(=技術的なハードルが少ない)
・何かのついでにやれるもの(=わざわざやるという心理的なハードルが少ない)

であれば、夫も前向きに参画しやすいのではないか? ということ。

 前者について、私のまわりでも聞かれるのが、「下手にやったところで、妻流のやり方じゃないと結局文句を言われる」という、妻の要求水準の高さがハードルになっているケース。スキルの伴う家事の出来・不出来が夫婦をギクシャクさせているのなら、いっそスキルがそれほど必要ない家事を夫が集中的に担当するという道もあるのかもしれません。

 また後者については、たとえば手だけひたすら動かす類の家事(食器を洗う、洗濯物をたたむなど)をする時間を夫の自由時間にして、好きな番組や動画、音楽などを視聴しつつ、“ながら”で家事をする方法が考えられます。「面倒なことをする時間」から「好きなことができる時間」へと気持ちの転換ができれば、多少は前向きになるのかもしれません。

 30年かけて夫の家事参加意識が高まったその先のステップ=「意識と行動のギャップ」を今後どう解消していくか。このことは、大きくは、女性活躍推進を標榜するこの国にあって、その成否を占う重要なポイントであり、小さくは、個々の家庭における生活満足度向上にも深く関わる要素ではないかと思います。

 もしも企業が製品・サービスを通じてこのギャップを解消してくれるならば、世の夫のみならず、妻からも大いに歓迎されることでしょう。夫婦の状況を客観的に捉えた上で家事分担について適宜助言してくれるコンサルティングサービスなども、さらに需要が出てくるかもしれません。家庭の、企業の、行政の知恵を総動員して取り組み、なんとか解決していきたいところです。

 ○「家族調査」概要
調査地域:首都40Km圏
調査対象:妻の年齢が20〜59歳の夫婦が同居する世帯 630世帯
 (夫630人・妻630人 合計1260人)
調査手法:訪問留置自記入法
調査時期:2018年2月7日〜3月12日

○参考情報
「家族30年変化」調査結果 第二弾を発表

筆者:三矢 正浩