なぜ日本人は「切腹」で責任を取るのか? 忠臣蔵討ち入りの日に学ぶ

ざっくり言うと

  • なぜ日本人は「切腹」で責任を取るのかについて、歴史を紐解き解説している
  • 忠臣蔵討ち入りの日の江戸時代では、主君が死んだ際に殉じるためだったそう
  • ただ、当時は失敗や不手際の責任をとるためのほうが多かったという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング