東京・池袋の天狼院書店

写真拡大

「秘本」「部活」「こたつ」──。東京、京都、福岡に3店舗構える『天狼院書店』は、独特なアイデアが話題だ。

 黒いブックカバーで覆われた「秘本」は買うまで中身がわからず、読んだ後も口外禁止。昨年、この企画に興味を持った糸井重里氏が篠原勝之著の『骨風』を秘本にしたいと店に相談したが、出版社に在庫が20冊しかなく、頓挫しそうになった。すると、店主の三浦崇典氏は「面白いのに陽が当たらない本を売ることも大事」と出版社に1000冊買い取る約束をして重版させた。「糸井重里秘本」と銘打って販売すると、1日半足らずで完売した。

 店のコンセプトである「1冊の本を中心に、買う前も買った後も楽しめる書店」を実践するため、「秘本」は一定期間を過ぎると「ご開帳」され、購入者限定イベントも後日、行なわれる。

 このほか、ハウツー本は読むだけでは物事が上達しないという考えから、著者を講師としたフォト部、落語部などの部活を開催し読者と交流も図る。

 また、「お客さんのほうが面白い本を知っている」という発想から、毎週日曜には10〜20名で読書会を開催。その推薦本が店内の棚に100冊以上並び、売れなければ入れ替わるが、半年以上残り続ける本もある。

 2500円以上書籍を購入した客が抽選で店内の棚に好きな本を並べられる「天狼院ボックス」も好評で、サメがテーマの本だけを揃えた人もいた。その他、店内にあるこたつはカフェメニューを注文すると利用でき、電源やWi-Fiも使える。夏は中に扇風機を入れて「冷やしこたつ」に変身。本を楽しむための企画が盛りだくさんだ。

「普段なかなか手に取らない本に出会えます。お客さんと一緒に店を作っています」(山中菜摘店長)

■撮影/渡辺利博

※週刊ポスト2016年4月22日号