誤審問題で揺れたJリーグ浦和レッズ対湘南ベルマーレ戦。ライン際を走る副審の視野は十分に確保されていた。その眼はボールがネットを揺るがした問題のシーンを目撃していたにもかかわらず、副審は実際とは異なる判断をした。それを、視野が確保されていなかった主審に伝えた。映像で振り返れば、副審の目は確かにゴール方向に据えられているようだった。だが、ボールがネットではなくポストに跳ね返ったと判断した。ゴール