タツノコプロの50年を一挙公開! 50周年記念「タツノコプロテン」開催 - オープニングセレモニーには豪華ゲストが登場

写真拡大

1962年の創立以来、動物たちが繰り広げるメルヘンタッチな作品『昆虫物語みなしごハッチ』やリアルな近未来感が魅力のSF作品『科学忍者隊ガッチャマン』、エンタテインメント性溢れる「タイムボカン」シリーズなど、数々のヒット作で日本のアニメ界を牽引してきたタツノコプロの創立50周年を記念した展覧会「タツノコプロテン」が、2012年8月8日より20日の期間、東京・銀座の松屋銀座8階イベントスクエアにて開催される。

創業者・吉田竜夫氏や九里一平氏が描いた迫力の肉筆原画や『科学忍者隊ガッチャマン』『タイムボカンシリーズ ヤッターマン』のアニメ制作に使用された設定画、『ハクション大魔王』や『マッハGoGoGo』のセル原画など、タツノコプロが保管してきた貴重なアニメ関連資料から厳選された約300点を一挙に展示。

展覧会場デザインは、ブックデザイナー・祖父江慎氏が担当している点も注目される。

開催スタートとなった8月8日には、オープニングセレモニーが開催され、タツノコプロの代表取締役社長の田中修一郎氏、アニメ監督・笹川ひろし氏、キャラクターデザイナー・吉田すずか氏のほか、「タイムボカンシリーズ」の音楽を支えた山本正之氏、タツノコ作品を彩った、小原乃梨子、肝付兼太、神谷明、梶裕貴、大久保瑠美といった声優陣、そして「タイムボカン2000 怪盗きらめきマン」のエンディングテーマを歌った甲本ヒロトらが出席した。

オープニグセレモニーでは、笹川氏が、創業者の吉田竜夫氏とディズニースタジオに行った際に、自分たちももっともっと大きくなるように頑張ろうと、ホテルで語り合ったエピソードなどを披露しつつ、タツノコプロ50年の歩みを懐かしく振り返り、「タツノコプロテン」が開催されたことに感謝の言葉を述べた。

また、「ぶたもおだてりゃ木にのぼる」というおなじみのフレーズを合図に、ゲスト全員でのくす玉割りが行われると、会場は笑いとともに大きな拍手で包まれた。

セレモニー後の会見にて、『ヤッターマン』のドロンジョなど3悪トリオの悪女役を演じた小原乃梨子は、「本当にすばらしい内容で、堪能いたしました。

皆さん観に来てくださるとうれしいです」と「タツノコプロテン」を絶賛。

「(C)小原で、『スカポンタン!』『や〜っておしまい!』」と、タツノコ作品での一番好きなセリフを披露し、「これがいまだにウけていて、あちらこちらから声が掛かります(笑)」と笑顔を見せた。

『逆転イッパツマン』のコン・コルドー役や『樫の木モック』のコオロギ役などを演じた肝付兼太は、自身の出演した初期の作品を振り返りつつ、一番好きなセリフは「のび太のくせに〜」と一ボケ。

昔のことなのでセリフはあまり覚えていないとしながら、神谷明と一緒に仕事をした際、「この人はまあ初々しくてね(笑)」と当時を思い出し、懐かしんでいた。

「新人のころに大変お世話になった」という神谷明は、『タイムボカン』や『けろっこデメタン』、『科学忍者隊ガッチャマン』など、数々のタツノコ作品に出演しているが、「『未來警察ウラシマン』で、非常にカッコいい二枚目をやらせていただき、『主役を食っているんじゃないか』と言われてすごくうれしかった」というエピソードを披露した。タツノコプロ50周年作品として制作された『一発必中!! デバンダー』で、主人公・春風一馬役を演じる梶裕貴は、「今日改めて『タツノコプロテン』を拝見させていただき、うれしい思いとともに、身の引き締まる思いがした」と述べ、『デバンダー』の作中で、「ぽちっとな」というセリフを言えたのがうれしかったと笑顔を見せ、「『デバンダー』が、小さな子どもたちがタツノコプロの作品に興味を持つ新しいきっかけになってくれればうれしい」と語った。