OBS

写真拡大

5日夜、大分市でパトカーから追跡されていた2人乗りの原付バイクが転倒し、乗っていたいずれも16歳の2人が軽いけがをしました。

【写真を見る】パトカーから逃げた理由は「無免許運転だった」 女子高校生同乗の16歳少年が運転の原付が転倒 大分

5日午後10時頃、大分市のJR高城駅周辺で、パトロール中の大分中央警察署地域課の署員が2人乗りで走行していた原付バイクを発見しました。同乗者がヘルメットをかぶっていなかったため、停止を求めましたが、バイクは逃走しました。

署員がパトカーの赤色灯を点けて、サイレンを鳴らしながら、およそ1.5キロ追跡したところで、バイクが転倒して、運転していた16歳の少年と同乗していた女子高校生(16)がいすれも軽いけがをしました。

警察によりますと、少年は逃げた理由について「無免許運転だった」と話していているということです。

大分中央警察署の河野栄次郎副署長は「現時点では適切な追跡だったと考えています」とコメントしています。