先ほど、東京都の小池知事、埼玉県の大野知事、神奈川県の黒岩知事、千葉県の森田知事が西村経済再生担当大臣と会談を行い、政府に対して一都3県の知事による緊急事態宣言の発出要請を行った。

【映像】異例の合同会見 西村大臣コメント

 会談後に1都3県の知事らと記者団の取材に応じた西村大臣は「先ほど1都3県の知事から合同での要望を受けたところだ」と述べると「首都圏の現下の感染状況につきましては、緊急事態宣言の発出が視野に入る厳しい状況との認識を共有した。あらゆる事態を想定し緊密に連携することで一致した。国として受け止め、検討をしていく」とした上で、1都3県の住民に対して「国としては首都圏において4月、5月と同等の対応をとることを要請する。具体的には営業時間を20時まで、酒類の提供は19時までとすること、20時以降の外出自粛を要請すること、その関連で、応じていただける皆さんには国として支援を拡充したい。あた、テレワークの拡大、職場、寮、合宿を含む学校での感染防止策の徹底、イベントの開催要件の厳格化を行う」とした。(ABEMA NEWS)