マツコ、病気で気絶し病院へ行くも…「おめぇ象みてぇな体して、アリみたいな神経だな」

写真拡大

マツコ・デラックスと有吉弘行が、視聴者から寄せられた「2人のお耳に入れておきたいこと」に対して、好き勝手にトークをしていく『マツコ&有吉 かりそめ天国』(テレビ朝日系、毎週金曜20:00〜)が、2月14日に放送。病院トークで盛り上がった。

歯医者で治療中、口を開けた状態で「鼻呼吸してください」と無茶ぶりされたという投稿者のエピソードから、テーマは2人の病院トークへと展開する。学生の頃、尾てい骨の上に膿がたまり「気絶した」というマツコ。病院で診察を受けた際、医者から「おめぇ象みてぇな体して、アリみたいな神経だな」と言われたそうで「今だったら大変よ!? 病院の名前を言ってやりたいわ!」と怒りを露わに。しかし、看護師から「口は悪いけど、本当は良い先生なのよ」とフォローをされ、気持ち穏やかになったと振り返った。

そんな中、今年は思い切って「キレイになる治療をしてみよう」という話に。進行の久保田直子アナウンサーが、シミ取りをしたら痛みが伴った……とエピソードを話すと、有吉が「オレ、お尻の脱毛やったの」と告白。同局で放送された『有吉クイズ』で訪れたことを明かし「最高だったね」と振り返った。「先生に見てもらって気持ちよかったな」と話しつつ、1か月経っても毛が生えてこないと報告。痛みもない「SWEET PAIN」だと例えた。

マツコは、鼻毛の脱毛はしているものの、レーザー脱毛は躊躇してしまうという。ヒゲの脱毛をしたミッツ・マングローブから「グーで殴られているみたいだった」との感想を聞き、やる気をなくしたと吐露。しかし、ふと我に返り「自分だけキレイになろうと思って、アタシにレーザー脱毛させないために言ったのかも! あの女!」と感情を爆発させて、有吉らを笑わせた。

このほか、約5000種類の中で最強ドレッシングを決める「ランキング発表企画」を放送。マツコが「ドレッシング結構好き。ご飯にかけちゃう」と明かすと、有吉は「太った人それやるんだよね。石塚(英彦)さんも好きなんだよ」とコメント。彼の発言を受けてマツコは「太った人はね、太る理由があるの」と断言しつつ「白米にドレッシングをかけて、海苔を巻いて食べるのが美味い!」とオススメするも「ただし、こう(自分のような体型に)なりますよ!」と注意喚起して、スタジオを爆笑に包んだ。