U-18日本代表GK相澤ピーター・コアミ(日本文理高)はPK戦で2本ストップ

写真拡大

[8.17 SBSカップ第2節 静岡ユース 0-0(PK2-3)U-18日本代表 愛鷹]

「試合中に自分が足引っ張る場面があった。PKを止めてやろうという気持ちがいつもよりも強かった」。U-18日本代表に初選出された190cmGK相澤ピーター・コアミ(日本文理高)は最後に挽回しようと考えていた。その思い通りに0-0で突入したPK戦で2本ストップ。勝利が決まると、チームメートが次々と相澤の下に駆け寄り、祝福していた。

 PK戦では先攻・静岡ユース1人目のシュートを右へ跳んでいきなりストップ。味方の2人目が失敗した直後、相手の3人目を再び右に跳んで止めて見せた。跳ぶ方向は相手キッカーの軸足を見て判断。ベンチからの指示を確認した上で最後は自分の読みを信じて跳んで2本を止めた。

 スタンドの最前列には遠征中の日本文理高のチームメートたちの姿。仲間たちの前で勇姿を見せつけた相澤だが、自身のプレーには満足していない。飛距離のある左足キックや高さを活かした対応。そしてPK戦ではその威圧感も含めて勝利に貢献したが、初めてともに試合するチームメートたちとの縦の距離感を掴めず。苦戦し、仲間たちに助けられた部分が多かった。

「自分の判断が遅くてDFを迷わせてしまうところがある。あと繋ぎの部分。ゴールキックで自分がビビって繋げないところがある。仲間と噛み合わないところがあるので、そこが繋げられるようになれれば怖いGKになる。繋げる、蹴れるGKになれればいい」。課題を改善しなければU-18日本代表から上の世代の代表に食い込んでいくことはできないと感じている。

「目標はA代表で活躍すること。年代別代表でやれなかったらその先はないと思うので年代別にもっと呼ばれるように成長して、もっと上のところを目指せたらいい」。注目の進路はまだ未定。プロ入りを希望する大型GKは貪欲にレベルアップを目指す。(取材・文 吉田太郎)