住宅地に転がり落ちてきた巨岩(12日午前10時15分、広島県熊野町で)=野本裕人撮影読売新聞

山から落ちてきた数mの巨大な花こう岩 住宅地の被害拡大の要因か

ざっくり言うと

  • 西日本豪雨による土砂崩れで、広島県の山では大きな岩が転がり落ちたという
  • 落ちてきた巨大な花こう岩が、住宅地の被害を拡大させた可能性があると判明
  • 専門家は、表土が降雨で崩れる「表層崩壊」が引き金となったとみている

ランキング