映画史上最も恐いモンスター、トップは1979年に初登場した“あの生物”。

写真拡大

映画史上最も恐ろしいモンスターに、「エイリアン」が選ばれた。

1979年に俳優ジョン・ハートの胸を突き破って初登場したエイリアンが、「アルゴ探検隊の大冒険」の骸骨剣士を抑えて、ラジオ・タイムズ誌の読者によってトップに選ばれた。そして3位には「遊星からの物体X」、4位には「エルム街の悪夢」の殺人鬼フレディ・クルーガー、5位にスティーブン・スピルバーグの「ジョーズ」がそれぞれ続いている。

ほかにもドラキュラ、ゴジラ、殺人人形チャッキーなどがトップ10入りを果たす中、圏外には「スター・ウォーズ」シリーズのジャバ・ザ・ハット、ターミネーター、「ゴジラ」に登場するティラノサウルスなどの名前が並んだ。

なお、最近の映画は、トップ10圏内に「ハリー・ポッター」シリーズの吸魂鬼と、2006年作「パンズ・ラビリンス」のペイル・マンの2作しかランクインしていない。

☆映画史上最高のモンスタートップ10

1位 エイリアン『エイリアン』
2位 骸骨剣士『アルゴ探検隊の大冒険』
3位 遊星からの物体X『遊星からの物体X』
4位 フレディ・クルーガー『エルム街の悪夢』
5位 ジョーズ『ジョーズ』
6位 ドラキュラ『ドラキュラ』
7位 ゴジラ『ゴジラ』
8位 ペイル・マン『パンズ・ラビリンス』
9位 吸魂鬼『ハリー・ポッター』
10位 チャッキー『チャイルド・プレイ』